レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


ふじちゃんの現状

現在、要介護5
座位保持ができないため、ベッドで寝たきりかリクライニングの車椅子。

半年前 H22年10月末までは、料理作って普通に父と二人暮らしてました。

経管栄養(鼻チューブ)と尿のカテーテルを使用中。
胃ろうでなくて、鼻チューブなのは、病院に行ったとき、眠ってしまっておきない状態で食欲がないため
3日目に鼻チューブをつけられてしまう。
尿閉も起こしていたため、バルーンをつけられてしまう。
こうなった経緯は、まだ辛すぎて書けないので、ぼちぼち書いていきます。

その後、原因不明で3ヶ月入院。
一時はミキサー食も半分食べ、とっても元気になるが、どんどん悪化。
入院2ヶ月を経過してやっと、主治医がレビーと診断。
喋っていたのに、うなずくくらいしか反応しなくなっていた。
本人が、家に帰りたいといっていたので、家に連れて帰る決意。
一時帰宅したときの母の笑顔が忘れられない。
3ヶ月目にやっと実家に。

在宅でなってもうすぐ一ヶ月。
少しずつ、反応がでてきた。
昨日、大きな声が出たのでびっくり。






  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト


はじめまして

みやと申します。
もともと夫とお気楽二人暮らし。

現在レビー小体型認知症の母(ふじちゃん)を在宅介護中

父(ハチ)79歳と母(ふじちゃん)71歳の二人暮らしの実家にH23年4月より
転がり込み介護開始。
妹と夫が通いで介護協力中。
どこまでできるのか?????
  1. プロフィール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2011 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。