レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


ふじちゃんの今までのこと③

ふじちゃんの体に変化が出てきたのが、2年前、H21年の1月ごろ(本人の手帳の記録)
右手が腫れて、動かないと言って、整形外科にかかる。
異常なく、使いすぎとのこと。
50肩もやっていて、肩こりだったから、そうかなと思った。
細かい作業もたくさんやっているし…。

見せてもらったけど腫れている様子はなかった。
「だんだんよくなってきたけど、手を使うと痛くなる」と言っていた。
だんだん、手芸もやらなくなって、新聞のちらしを折って、袋を作り始めていた。
手が痛いから、やらないのかと思っていた。
一緒に歩いて買い物に行ったとき、右足をするように歩いていた。
気になってので、病院に行くように言ったけど、大丈夫だよと言っていた。

ただ、こんな症状が出る少し前、H20年の秋ごろ、妹が一緒に美術館に行ったとき、「母さん歩くと疲れたって言ってすぐすわっちゃうんだよ」と言っていた。
運動不足だと思っていた。
ちょうど、四国八十八ヶ所に行くとのことで、夕方歩き始めたと聞いたので、大丈夫かとここでまた思っていた。

ふじちゃんは、H20年4月、H20年10月、H21年4月の3回に分けて、お寺の人たちと四国八十八ヶ所に行った。もちろんバス。四国八十八ヶ所に行けたら、もうどうなってもいいなんて言っていた。
本当にそうなっちゃったじゃん。
1回目に行ったときは、楽しそうに話をしてくれた。

ふじちゃんと仲良しの近所のおばさんが、ふじちゃんがこうなってから言っていた話。
H20年の秋に練習で一緒に歩いていたけど、歩くのがすごく遅くなって、お母さんに「歩くの遅いじゃん」というと「歩けないんだよ~」って笑っていってたんだよって。

H20年10月の四国八十八ヶ所は問題なく行ってきた。
最近見つけた引き出しに入っていた写真をみると、能面のような顔だった。
このとき、折りたたみの軽いリュックが欲しいと言って、一緒に買いに行ったけど、もって行かなかったみたい。
買ったのわすれちゃったみたい。


それから、手のことはあまり言わなくなって、治ったって言ってた。
H21年4月の四国八十八ヶ所の数日前に、「もうすぐだね」って電話をすると、「歩けなくなっちゃった」と。
とりあえず整形外科に行ったら、膝に水が溜まっていて、抜けば治るとのこと。
「四国八十八ヶ所は、先生が行っても良いって言うから、行ってくる。」と声を弾ませていた。

~つづく~

  1. ふじちゃんの経緯
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]
スポンサーサイト


梅雨とともにダウン。

梅雨で天気が悪いとうつうつした気分になる。

昨日は、夫が来ていてふじちゃんの相手をしてくれた。
ふじちゃん上機嫌で、動かなくなってきた口で「ふーんふーん」となにやた歌っていたらしい。
そういえば、妹と美空ひばりのTVを見ていたときも、一緒に歌っていたらしい。
そんな日々のふじちゃんの貴重な出来事を喜ぶ余裕がなくなっていた。

うちの姉妹、姉の私は子供がなく、妹は独身。
昨日の夜は、そこに執着。孫がいないからふじちゃんがこうなったとずっと考えてしまう。
考えても仕方ないのにね。
その後新展開、私には子供がいない。きっとさびしい老後になってしまう。
何を生きがいに生きていくんだろうとか考えはじめた。

朝、夫にその話をしたら、「人生は日々のことをたんたんとやっていくだけ」と言われた。
そうだ先のこと、過去のことばかり考えても仕方ないじゃん。
考えるのをいい加減やめたい。
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2011 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。