レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


自分らしく生きるということ

ふじちゃんが今の状況になってから、私の生き方はたぶん180度変わった。
とにかく、気になることはとにかく聞く。動く。

ふじちゃんがどんどん悪くなっていく時、何も行動できなかった。その前もそう。
自分に自信がなかった。

今は、思ったことは、すぐやる。人がなんて思うなんて関係ない。私がとった行動で人が私のことをどう評価しようとそれは、その人が感じたことで私には関係ないこと。
ふじちゃんが教えてくれているんだと思う。

ふじちゃんが経管栄養と尿カテーテルで寝たきりになって、ふじちゃんの仲の良いお友達が一言。
「こんなになっちゃって。一番本人が嫌だって言ってた最後になっちゃったね」
「もっと早く、気づいてあげたらこんなにならなかったのに…。わからなかったの???」

変だったけどわからなかった。
でも、ふじちゃんがどんな姿だろうと、ふじちゃんは私の大事なお母さん。
そんなこと言わないでよと思った。「こんな状況で家にいるなんて」とも言われる。
気づいてあげれなかったから、一緒にいたいから居るだけ。ただそれだけ。家の家族がそうしたいだけだからそれでいいじゃん。これが今の私の自分らしく生きるだから。

ふじちゃんのような状況で生きている人がたくさん居ることを、私はふじちゃんがこうなってから知った。
もっと前に知っていたら、家の親はこうならないから大丈夫と思っていたかも。
でも、誰にもいつ起こってもおかしくないことだと思う。
ふじちゃんがこうならなかったら、尊厳とか偉そうなことを言っていたかもしれない。

でも延命っていうけど、ふじちゃんには意志がある。だからもっと生きて欲しい。
ふじちゃんはまだ71歳。
生きる手段があれば生きていいと思う。
本人は時々、「もういいよ」って言うけど、「生きてよふじちゃん」
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2011 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。