レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


嬉しいことがふたつ

昨日、ふじちゃんは「お米や(実家)に行きたい」「○○町(実家)に行きたい」と午前中から言い続けていた。
そんなところに、夫到着。
ふじちゃんの目は、夫を追う。「やったー」って感じ。
丁度ヘルパーさんも来ていて、当たりのヘルパーさんだったので、手伝ってもらってふじちゃん車へ。
夏以来3ヶ月ぶりに、ふじちゃん実家へ。
ふじちゃんのお兄さん夫婦は大歓迎で、今回は、家の中の仏壇の前まで頑張ってあげることができた。
ついてしばらくすると、「もう帰ろう」だそうで、すぐに帰ってきたけど、連れて行けてよかった。
夜中にネットで関西の方のNPOの方が、胃ろうで母のように寝たきりの方を、娘さんの結婚式に出席させたり、旅行に連れて行ったりと、そんな旅を手伝ってくれる業者さんもあるみたい。
毎日家にいるのつまんないよね。
ヘルパーさんの提案で、昼間、車椅子の散歩をしてみたらどうかとのこと、ケアマネさんに聞いてみようと思う。

もうひとつ嬉しかったのは、今日のデイの送りのスタッフの方が、「4月に病院でみた頃と全く変わりましたね。
あの時は、全く何も話さないし、動かなくなっていましたよね」と話してくれた。
震えはひどくなって、口が開かなくなって、言ってる事わからなくなってるけど、話はするようになったし、コミュニケーションも出来ている。
家に連れて帰ってきて良かったと思えた。
病気の進行は早かったし、薬を飲ませて進行を早めてしまったかもしれない、でも、レビーとわかってから出来ることはやってきたし、ふじちゃんもがんばってくれている。これで良かったんだと思う。
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2011 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。