レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


元気な母

先週末、自分のピラティスのイントラの資格更新のWSがあった。
資格取るときは、母が応援してくれた。
合格したときも、調子が悪かったけど、私の調子が良かったら応援するのに…。なんて言ってくれた。
だから、ピラティスは頑張りたいし、でもちょっと辛い思い出。

妹が休みをとって母をみてくれたので、WSに専念できた。
能天気に生きていた頃のことを思い出しながら…。
やっと、自分の体に意識を向けられるようになってきたし、人がたくさんいるきらきらした場所に行く気になった。少し、自分も持ち直してきたのかもしれない。


最近の母、すごく大きな声を出すようになった。
しかも夜中。
「みじゅ(水)」「あめ」から始まって、満足できないと、大きな声になっていく。
「乗って」て言うのもあった。
これは、ベッドに乗って一緒に寝てくれということで、狭い介護ベットに添い寝するとおさまる。
一緒に寝るのがうれしいけど、狭いし背中が布団から出て寒い。
なので、最近は上はダウン、下はナイロンのパンツを重ね履きして寝ている。
母の固まってしまった手と腕を組むようにして寝ると結構暖かい。

このスタイルは、夜中に体位交換したり、オムツ替えるときも寒くない。
エアコンとか使えばいいんだけど、体温調整できない母が汗だくになる。
なので、22時くらいまではストーブで、後は自分だけホットカーペット。
布団に寝ているときは、暖房なし。
比較的暖かい地方だからこんなんで大丈夫なのかもしれない。
オイルヒーターが欲しいなあとも思う。




  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:5
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2012 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。