レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


ショートから帰った母の左手

母の両手は握ったままになっている。
特に左手が、ギュット強く握っている。

手袋に綿をつめてはさんだり、ふわふわビーズをはさんだり、色んなことをしてみた。
でも、どうしても重なる薬指と中指のところが、傷になっていた。
毎日洗って、毎日ガーゼを替えて、訪問ナースがくる週2回はいつもより丁寧に洗ってもらって。
そして、もう少しで治るねって感じだった。
ちょうど、3泊4日のショートの前だった。

ショートから帰ってきたとき、ガーゼは毎日替えましたってスタッフの人が言ってくれた。
手を見ると、臭くないから大丈夫かなと思った。
ガーゼ替えるの痛いから、次の日にしようと思った。でも、なんか小指が中に入っていつもと違う感じがした。
次の日、訪問ナースが来てくれて一緒に交換した。
薬指が小指側に曲がっていて、ゆらゆら。傷もすごく深くなっていた。
薬指もパンパンに腫れていた。
信じられなかった。
傷治りそうだったのに。

今朝、近くの病院に連れて行った。
皮膚科で傷をみてもらって、骨折れてるかもしれないので整形に回してくれた。
整形の先生、母を見たとたん、何で連れてきたのって感じのオーラが出ていた。
皮膚科の先生が念のためレントゲンって手紙回してくれたのに、レントゲンとっても無駄だからって…。
無駄だけど、手も全く診てくれなかった。
レントゲンなんて撮れないかもしれないと思っていた、でも診ることはできると思った。
皮膚科に戻ったら、先生苦笑いしていた。
スポンジみたいなガーゼをもらい、それでしばらく処置することになった。

ショートのときに傷の処置をするのに、指をぎゅっと開きすぎたのか???
処置はナースがするっていってた。ちょっとショートに不信感。
傷の悪化は仕方ないなあと思っていたけど、骨折。
母さんの薬指は、曲がったままになっちゃうんだよなあ。



  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2012 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。