レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


良い方に考えればいいんだ。

母の病気のこと、今の状態のこと考えると辛くなる。
だから、深く考えるのをいつの頃からか止めた。思考を止めた。
逃げているような気がしたけど、そのほうが自分も傷まないし、前に進める。
だから、それで良いんだと思う。

たまたま、先輩が小さな本をくれた。
科学者の人が書いた本。でも、ちょっとスピリチュアル系なのかな。
色んなことを実験していた。

途中から話がぶっ飛んでいたけど、人は生まれる前から両親を選んで、寿命を決めて生まれてくるらしい。
だから、母が病気になって、同じ病気の人よりすごく早く進行してしまったのも、寿命としてとらえようと思う。
そうすれば、ちょっと楽になる。

生活習慣や生き方が悪いから病気になったのも違うんだと思う。
母は母の役割を全うしているんだと思う。
スピリチュアルとかよくわからないけど、だれもわからないことだから、とらえ方で自分が前を向いて生きていければ
それで良いんじゃないのかなと思った。

前は怪しいと思っていたけど…。
今は、考え方だけの問題だからそれで気持ちが楽になったら良いと思う。

  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]
スポンサーサイト


ちょっと幸せ

母と過ごす夜。
今日は外の風が涼しい。秋みたい。
母の体は小さくなって動けなくなってしまってるけど、前より意思疎通が出来ている感じがする。
なんか、つながっている感じがする。
いつまでこの時間が続くかわからないけど、ちょっと幸せ。

こんな夜、「夜空ノムコウ」が聞きたくなって、ユーチューブから聞いている。
便利な世の中になったものだ。
スガシカオさんのうたっているのが好き。


この歌が流行った頃、こういう未来が来るなんて思ってなかった。
楽して、お金持ちになって、やりたいことみんなやって楽しく生きて生きたいなんて考えていた。
馬鹿だったなあ。

『悲しみっていつかは消えてしまうものなのかな?』ってどうなんだろう。わからない。

いつの日か、母さんと二人「夜空ノムコウ」を聞いた夜を思い出すのかな。
ユーチューブで聞き始めたら、昔の曲を聴きだして、とまらなくなってしまいそう。
はまらないうちにやめておこう。
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


らっきょの思い出

台所の棚を片付けていたら、母のらっきょのレシピが出てきた。
母のらっきょは甘酢漬け。
いつまでもぱりぱりしておいしかった。

先週、1キロ300円で安かったので、2キロ買った。
わからないところはネットで調べたり、年配のヘルパーさんに聞いたりした。
皮むいたり、あたまとしっぽを落として、結構下ごしらえが大変だった。
でも、できたよ~。
かあさんみたいに美味しくないかもしれないけど、できたできた。
はやく食べたい。

今回、2キロで結構たいへんだったけど、母は友達、親戚、近所の人の分も作っていた。
30キロくらい漬けていたんだろうか???
お店でらっきょを見ると、「まだ高い」「そろそろいいかなあ」なんて言っていた母を思い出す。
実家に帰ってくると、びんに詰まったらっきょを持たせてくれた。
遠い昔の話になってしまった。

まだ、売っていたら今年は、あと2キロ漬けてみようと思う。
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


平常心

母の介護が始まってから、何かあるとすぐに落ち込む自分がいる。
今まで、全く気にならなかったことで落ち込んで、いつまでも引きずっていたりする。

今回は、前の職場の後輩の出産報告。
おめでたいことなのに、落ち込んでいる私。

10歳年下の彼女、結構10年位してやっと授かった赤ちゃん。
子供が出来なかった私としては、すごくうらやましい。
おまけに、お母さんもまだ元気だし、うらやましいなあと思う。

でも、彼女の生活が変わっても、私の生活には関係ないんだよな。
そんなことに惑わされないで、日々のことをたんたんとやればいいんだよねえ。
うらやましいと考えれば、余分なことも考えておまけがついて、すごく辛くなってくる。
考えないように、考えたとしても、その考えたことを追わなければそれで終わる。

周りがどうであろうと、揺れないで揺れたとしてもすぐ元に戻れる平常心???
そんな心が持てるようになりたいと思う。
動揺すればするほど、自分が辛いだけ。
そんなことに気づいた昨日。
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:3
  4. [ edit ]


介護

母の腕の内出血はおかげさまで、良くなっています。

最近思い出して、反省していることがある。
2年位前、市主催のピラティスのクラスに参加してくれていた方、長い間休まれていて、また復帰してくれたとき、両親の介護を急にすることになってしまって休んでいたんですという話をしてくれた。
もう介護は終わったから、また来ますっていってた。
彼女は私と同じくらいの歳だったので、ご両親の病気も治って介護が終わったと勝手に思って、「良かったですね」と言っていた私。
辛そうな表情を彼女をしていたのが気になった。

よく考えたら、看病や付き添いじゃなくて介護なんだよなあって最近思う。
もしかしたら、認知症で施設に入所したり、亡くなられて介護が終わったり、色んなことが考えられる。
介護が終わった=病気が治って元気になった としかとらえていなかった能天気な私。
あれから、レッスンに来てくれていないので状況がわからないが、申し訳なかったなあと思う。

  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


デイに電話してわかったこと。

母の怪我のこと、日曜日の送迎のとき、送迎に来たスタッフから、今後気をつけますとの話だったが、何だか誠意がない。
たぶん、全く伝わっていないんだと思った。
そして、hajimeさん、Juliaさん、ゆるりさんの書き込みに後押しされて、色々冷静に考えてみた。

今回の問題点は、母の怪我がすごく軽視されている感じがした。
自分には、苦手なことだけど、母を守るために伝えなきゃと思った。

今朝、一応ケアマネさんにデイの責任者に直接今回の件を話して相談する旨の電話を入れた。
ケアマネさんは休みだったので、その電話をデイの責任者に回してもらう。
電話に出たのは、相談員だった。

今回の怪我のことで、ケアマネさんから連絡を入れたが、デイの方から状況確認、謝罪がなかったこと。
今後について、気をつけますだけで、どうのように気をつけるかの説明がなかったこと。
今後、母が安全に施設を利用するために、どのように対応していってくれるのか、文章にして欲しいと伝える。

相談員(男)は、若いけど、話を汲み取ってくれたような感じがした。
重大なことなので、一人で判断はできないから、現場および施設の上司と話をしたいので、少し時間を欲しい。
ただ、明日が利用日なのでと盛んに明日の利用を気にしていた。
明日から、家族の方が施設に不信感なく、安心して送り出せるようにしたいというようなことを言っていた。

午後になり電話が入る。
今日出勤しているデイのスタッフで母の車椅子の移乗や入浴等で怪我をする可能性のあることそして、それを安全に行うにはどうしたらよいか、夕方話をするので、夜遅くなるが、文章にして説明に行きたいとのこと。

夜八時過ぎ、相談員と担当ナース、主任で家に来て、今回の謝罪と今後の対応、現在の移乗の様子等を説明してくれた。妹も同席して説明を聞く。
母のために時間を割いてくれて、今後のこともしっかり施設で受け止めて話し合ってくれたことが伝わった。
私も、今回のこと、今後の要望等文章にして渡した。

色々話をしていく中で、ケアマネさんが怪我を軽視していたような感じがした。
これから、デイのことは直接デイに話していくようにしていく。
そうしないと、ケアマネさんがはいることで、こちらの気持ちがしっかり伝わっていかないことが良くわかった。

施設を気持ちよく利用するためには、嫌なことでもはっきりと伝えていかないと、伝わらないんだと思った。
介護施設の文句を言う前に、自分の言葉でしっかり伝えていかないとと思った。
そして、言いやすいケアマネさんに言うだけですべてが解決すると思っていた自分のことも反省。


  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


今度はデイで…

木曜にデイから帰ってきたとき、右腕にみみず腫れがあったけど、少し動く左手で自分でひっかくことがあるので、そうかなあと思っていた。
よるもう一度見ると、右腕のひじより手に近い方の内側の柔らいところが内出血して、腫れていた。
幅1センチで長さが5センチくらい。真ん中で二つに分かれているから、挟まった感じ。

昨日、ケアマネさんに電話。
ケアマネさんがすぐに来てくれて、気をつけるように言っておきますとのこと。
訪問ナースが来る日で、みてもらうと、かなり腫れていて血がたまっている感じ。強くはさまれたのではとのこと。

ケアマネさんがすぐに来てくれたことは対応早いなあと思ったけど、デイからはそういうとき、状況を聞くとかそういうのはないのだろうか?ケアマネが同じ施設の人だから、それで終わりなのかなあ?
ちょっと疑問。
明日、デイの利用日なので、送迎の担当者に移乗や入浴について注意してもらうように、うるさく言う予定。

ショートもデイもケアマネも同じ施設なんだけど、骨折ったり、傷が出来たとき、施設の責任者は様子見たり、あやまりにきたりしないものなんだろうか?
知的障害者の施設に勤めていたとき、こんなことがあったと家族から訴えがあったら、施設長が出向いたり、電話したりして様子を聞いたり、誤りに行っていた。
同じ福祉業界でも、高齢者はそういうことしないんだろうか?
利用はしているけど、責任者がだれかも知らない。
今回の件、ケアマネさんが見に来ておわりではなく、せめてデイの責任者から電話で状況確認が欲しかったなあと思った。
そんなの求めるのは変なんだろうか?
今後の利用のとき、同じようなことをしないためにデイの確認って大事だと思うのだけど。

ショートは利用を控えればよいけど、デイはこれからも利用していくつもりでいたので、明日の様子であんまり重要視していないようだったら、包括支援センターとか市の相談窓口に聞いてみようと思う。
小さなけがだけど、それをほうっておく気持ちが怖いなあと思う。
でも、母は痛かったと思うし。よくみたら小さなけがではない。
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2012 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。