レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


デイに電話してわかったこと。

母の怪我のこと、日曜日の送迎のとき、送迎に来たスタッフから、今後気をつけますとの話だったが、何だか誠意がない。
たぶん、全く伝わっていないんだと思った。
そして、hajimeさん、Juliaさん、ゆるりさんの書き込みに後押しされて、色々冷静に考えてみた。

今回の問題点は、母の怪我がすごく軽視されている感じがした。
自分には、苦手なことだけど、母を守るために伝えなきゃと思った。

今朝、一応ケアマネさんにデイの責任者に直接今回の件を話して相談する旨の電話を入れた。
ケアマネさんは休みだったので、その電話をデイの責任者に回してもらう。
電話に出たのは、相談員だった。

今回の怪我のことで、ケアマネさんから連絡を入れたが、デイの方から状況確認、謝罪がなかったこと。
今後について、気をつけますだけで、どうのように気をつけるかの説明がなかったこと。
今後、母が安全に施設を利用するために、どのように対応していってくれるのか、文章にして欲しいと伝える。

相談員(男)は、若いけど、話を汲み取ってくれたような感じがした。
重大なことなので、一人で判断はできないから、現場および施設の上司と話をしたいので、少し時間を欲しい。
ただ、明日が利用日なのでと盛んに明日の利用を気にしていた。
明日から、家族の方が施設に不信感なく、安心して送り出せるようにしたいというようなことを言っていた。

午後になり電話が入る。
今日出勤しているデイのスタッフで母の車椅子の移乗や入浴等で怪我をする可能性のあることそして、それを安全に行うにはどうしたらよいか、夕方話をするので、夜遅くなるが、文章にして説明に行きたいとのこと。

夜八時過ぎ、相談員と担当ナース、主任で家に来て、今回の謝罪と今後の対応、現在の移乗の様子等を説明してくれた。妹も同席して説明を聞く。
母のために時間を割いてくれて、今後のこともしっかり施設で受け止めて話し合ってくれたことが伝わった。
私も、今回のこと、今後の要望等文章にして渡した。

色々話をしていく中で、ケアマネさんが怪我を軽視していたような感じがした。
これから、デイのことは直接デイに話していくようにしていく。
そうしないと、ケアマネさんがはいることで、こちらの気持ちがしっかり伝わっていかないことが良くわかった。

施設を気持ちよく利用するためには、嫌なことでもはっきりと伝えていかないと、伝わらないんだと思った。
介護施設の文句を言う前に、自分の言葉でしっかり伝えていかないとと思った。
そして、言いやすいケアマネさんに言うだけですべてが解決すると思っていた自分のことも反省。


  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2012 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。