レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


お盆に思う

母の実家は、母の兄夫妻が二人で住んでいる。
まだまだ元気に商売をしている。

私も小学校にあがるまで、その近くで住んでいたので、そこの商店街のおじさんおばさんは知り合いばかり。
でも、だんだんお店を閉めてしまう家が多くて、寂しいなあと思う。
前は、おじさんの家に行ったついでに、その周りのお店にも顔を出して、元気?とか言っていたけど、お店やっていないと、よりにくい。
商店街の人たちもみんな高齢化してきて、よく声をかけてくれた八百屋のおじさんは亡くなってしまった。
おばさんが一人残って、「さみしいよ」って言っていた。

みんな子供たちが成長して、都会に行って戻ってこないので、高齢者ばかりの世帯になってしまった。
活気のあった商店街で、子供もたくさんいたのになあ。
あの頃が懐かしいなあと思う。
人の家の土間が、神社に抜ける通り道になっていて、「通らして~」と言って通っていた。
お昼も人のうちに上がりこんで食べていた。
いい時代だったなあと思う。

  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2012 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。