レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


ひさびさに凹んだ

母さんのいとこが、少し前にお見舞い持って来てくれたので、お返しをおきに行ってきた。

その時、「また会いに行きたいけど、切なくて行けない。あんなに親切で優しい人があんなになっちゃうなんて…」
何か、この言葉が引っかかり続けた。
正直だろうが親切だろうが、悪人だろうが病気になるし、いずれはいなくなる。
それがたまたま認知症で、しかも進行が早かっただけ。
ただそれだけ。病気の原因って、すべての病気がその人の生き方に関係してる訳じゃない。
でも、母さんの生き方を否定されたような気がした。
だから、悲しかった。ひさびさに泣けた。


昨日、気功教室に行ったら、先生がこんな話をしてくれた。

牛や鶏が、人に食べられるために命を失うとき、彼らの知能ではそうなることを理解できない、でもなくなる。

人ももしかしたら、もっと高い知能を持った何かの力で、全く理解できないけど病気になったりなくなるのかもしれない。
と僕は思うよって。
いつもは、体操教室みたい感じでこんな話しないのに、不思議だったし、すごく響いた。

とんでもっていわれちゃうかもしれないけど、そうかもしれないと思った。
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2012 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。