レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


また夏に戻った?

昨日まで涼しかったのに、今日はまた30度越えていた。
母は、汗びっしょり。
また、涼しくなってくれないかな。

この前、母がデイのとき、大急ぎでたくさんの用事を済ませた。
帰りに家の近くの100均に入ろうとしたとき、ふと思った。
母が好きでよく来ていた100均。
もう、母はひとりではここに来ることが出来ないし、来ても買い物を楽しめないんだなあと思った。
前は、そんなことを考えると涙が出てきて、辛くて悲しくて…。
でも、今回は違った。何か違った。
さらっとスルーした感じ。

慣れたんだろうか。
私の中の母は、昔の母のことを思いながら、今の母が大好きになっている。
そうして、人は今を生きていくんだろうか?
日常の母は、今の母だし。

上手くいえないけど不思議な感覚だった。








  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]
スポンサーサイト


教室再開

母が寝たきりになって、個人的にやっていたピラティスの教室をやめた。
3年目になり、少しずつ固定のお客さんがつきはじめていたが、それどころでなかった。

あれから2年になろうとしている。
妹も実家に来てくれるので、交替で母をみることが出来るようになった。
なので、少しずつ自分の出来ることをはじめてみようと思った。
気持ちもやっと上がってきた感じがする。そろそろ動けそう。

この2年、市から委託されている講師(週1回)は続けていた。
母がドンドン悪くなっていくとき、生徒さんに何を教えていたのか、全く覚えていない。
抜け殻みたいだった私のレッスンにずっと通ってきてくれた生徒さんには本当に感謝している。
この教室があったから、すごく救われていたし、自分もピラティスを続けられていたんだと思う。
生徒さんが帰ったあとのスタジオでよく泣いたなあ。練習もした。

教室は、実家の近くでやることにした。
離れてから時間が経っているが、少しずつ広がってくれたらいいと思う。

母みたいな寝たきりの人を介護している人たちのリフレッシュでピラティスできたらいいなあと思った。もちろん、寝たきりの家族を連れてきてOKな感じで。私は母を連れて。そんなことを妄想していた。

  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:5
  4. [ edit ]


敬老会

今日は、デイで敬老会だった。
スタッフの方のお話では、会場を設営しているころから、大きな目をしてじっと見ていたらしい。
出し物も楽しんで、歌をたくさん歌ってきた様子。
水戸黄門が一番よかったみたい。
スタッフさんも、母がどの歌を大声で歌うのか色々試してくれているみたいでうれしい。
最近は、送ってくれて方に、動かない手を振ってバイバイしようとすることもあって、すごいなあと思う。

もし、あのまま病院においておいたら、何の反応もなくなったままだったのかもしれない。
いろんな方にかかわってもらって、今の母の状況があるのだと思う。
今思えば、あんまり反応がなかった頃、皆さんたくさん声かけてくれていた。
普通に接してくれていた。
私は、落ち込むばかりで、何にもしていなかったから、ありがたいなあと思う。


紅白まんじゅうもらってきてけど、食べられないね。
明日あんこを少しなめよう。
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


サッカーを一緒に観た。

今日のサッカー、君が代に備えて早めにチャンネルを変えてスタンバイ。
母と君が代歌おうねえって待っていた。

台所で、父の夕飯の片付けをしていると、NHKの7時のニュースになってた。
父が変えちゃったみたい。
母との会話聞いていたんだから、サッカー始まるまでチャンネルかえるよとか言えばいいのに。
いつも、突然変わっている。
しかも、母の部屋のテレビなのに。

7時半になって、君が代が始まりそうなので、サッカー観るよって言ってチャンネルを変えた。
母、少し眠かったのか、小さい声で君が代を一緒に歌った。
その後、いつもは、あんまりテレビみていないのに、サッカー真剣にみていた。
そおいえば、サッカーの前にCMで肉じゃがが映っていて、「おいしそう」っていったので、ジャガイモとなにがはいってるって聞いたら、にんじんって言ってくれた。

母とは、小さなことしか一緒に出来なくなってしまったけど、小さなことがやっとうれしく感じるようになれた。
今日のサッカーもすごく楽しみだった。
デイのスタッフさんも、11日君が代ですね~なんて言ってくれた。
日本がワールドカップに出たら、一緒に大声で歌おうね。お母ちゃん。


父のことは、毎日何かしら腹が立つ。でも、極力そばに居ない、見ない。
やられたくないことは先にやってしまう。そんなスタンスで腹を立てないようにしている。
父は何で、こんな人に生まれてきたんだろうねえと思う。
母の病状が悪くなっていくときの母への態度。在宅始まった頃の私への怒り狂った異常な様子。
今思い出しても、嫌な感じがする。
たぶん、ずっと嫌な感覚が残るんだと思う。

母が元気で、父が順番で先になくなっていたら、父はちょっと変わっていたけど、穏やかな人で終わったんだと思う。でも、母が病気になって、母が抑えていてくれたものが外れて、嫌な父が出てきた。
見たくはなかったけど、これでよかったんだと思う。
母の苦労もわかったし、いろんなことがみえてきた。
だから、母が余計大好きになっていく。
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]


テレビをみて思ったこと

少し前の朝のテレビで、胃ろうのことをやっていた。
そのとき、胃ろうにしたけど、何年も本人の反応がなく…。
という方がテレビに映っていた。
今回は、胃ろうの話題ではなく、その映像をみて思ったこと。

しっかりテレビをみていなかったけど、認知症が原因で寝たきりになって、胃ろうになったみたい。
映像を見ていて、母との違いで思ったことがある。
その方、4年くらい今の状況みたいなんだけど、手が母みたいに固縮していない。
普通にゆるゆるしている。握手も出来るかんじ。
足の関節も固まってないんじゃないのかなあ?

認知症で胃ろうで寝たきりの方って、みんな母みたく手が固まってくるのかと思っていた。
でも、違うんだなあと思った。

手足が固まってきちゃうのって、動かさないからというより、レビーだからなのかもしれないと思った。
たぶん、その方はアルツハイマー。
うちの母、訪問リハも来てもらっているし、家族でも関節動かしている。
でも、いつも力が入っていて、どんどん固まってきている。

同じ認知症でも全く違うんだなあと思った。





  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2012 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。