レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


車椅子

先週の日曜日のデイに行くとき、迎えの職員さんが、車椅子が左右に揺れる感じがします。
と気にしてくれた。
運転手さんと色々なネジをチェックしたけど大丈夫みたい。
とりあえずその日はデイに。
デイでも別の職員さんがみてくれたみたい。

結局原因がわからなくて、次の日レンタルしている会社の人にきてもらった。

ネジは異常ないけど、やはり左右に振れが気になるからと言って、車椅子は交換になった。
夕方新しい物を持ってきてくれたら、振れがなかったので、変えてもらい良かった。

気づいてくれた職員さんをはじめ皆さん、ありがたかった。

レンタルの会社の方は実家のすぐ近くの人で、年も近かった。
釣り堀や駄菓子屋、ひまわり子供会の話など昔の話で盛り上がった。
懐かしい。

妹の時代、ひまわり子供会で、家の母さんは女の子たちを集めてポートボール教えてた。というより仕切ってた。
ルールも知らなかっだけど。
ガッあったなぁ。
懐かしい。
もう、広場もないんだよ。家がたってる。

遠い思い出。
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト


夜中の謎

母は寝返りがうてないので、夜中に3時間位で体の向きをかえる。

ついでに、パットも交換。

もともと深く長く寝たいタイプなので、夜こまぎれで起きるのが辛い。そして目覚まし聞こえない位良く寝ている私。

携帯のアラームかけて寝るんだけど消している。

今まで何とか起きてこれたのは、アラームなる少し前位に母さんが「おーい」って呼んで起こしてくれるから。
不思議だけど、だいたいアラームなる前。時間も日によって違うのにね。

寝ぼけながら向きかえて、パットかえると母さんもまた寝る。朝も五時半位からおーいが始まる。

学生の頃、良く起こしてもらったからなぁ。
妹が一緒に寝るときも起こしてくれるらしいけど、ちょっと違うらしい。
母さんはずっと母さんで、寝起きの悪い長女が気になるのかなぁと思った。
何だかうれしいよ~。

前は起きて~〇〇子って言ってたけど、今はおーいだけになっちゃった。
でも、うれしいよ~。
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


多いみたい

母の介護を始めてから、胃ろうの人のことをちらほら聞く。
結構多いんだなあと思う。

母が今の状態にならなかったら、能天気に過ごしてきた私は、胃ろうってまだ知らなかったんだと思う。
前の職場の上司の旦那さんが脳の手術の失敗で、40代で植物状態になっていた。
30年以上寝たきりで亡くなったんだけど、ずっとごはんだべてると思っていたもの。
無知だったなあと思う。

この前、ヘルパーさんが来て、お友達のお母さん(母と同じくらいの歳)がやはり認知症で、寝たきりでご飯だべられなくなって、鼻チューブか点滴か胃ろうを選択するように言われて困っている言っていた。
医療が進んで、選択の幅が広がった。
おかげで、人が考えていいのだろうかと思うような選択を迫られるようになってきた。
そんなの簡単に決められないし、決めて良いのかなとも思う。

医療の進歩のおかげで、ありがたいけど生きにくい世の中になってしまったかもしれないと思った。


  1. 病院
  2. / trackback:1
  3. / comment:1
  4. [ edit ]


慣れてきたみたい

この前の日曜日、駅で電車を待っていると、遠くに母の友達がいた。

日帰りでどこかにいくようす。三人で楽しそうだった。
母もあーやって一緒にいたんだなぁと思ったよ。

人生って、平等っていうけど、全然平等じゃないよなぁと思った。
母はなぜだかもうその中には居ないんだもん。

産まれた環境で貧乏だったり金持ちだったり。からだだってみんな違う。
同じなのは、1日が24時間なこと位じゃん。
頑張れば願いが叶う。かなわないのは、かなうまえにやめちゃうからとかいうけど、違うんだろうなぁと思うよ。

人には、それぞれ役割があるんだと思うようになった。
だから、健康に気をつけても病気になっちゃう人や頑張っても夢が叶わない人もいるんだと思う。

だから最近あんまり考えないようになった。
今の状況や母のこと。

どんなシナリオでこれから用意されているのかも、全くわからない。
だけど、流れのまま役割を生きて生けばいいんだと思う。
どんな役割なのかはわからないけど、そんな気がした。

だから、人と比べず自分の出来ることを日々やっていこうと思うようになった。
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2012 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。