FC2ブログ

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



泣けた。

昨日、母の主治医の先生と面談した。
胃ろうの方は落ち着き、後は熱が下がれば退院できる。

尿管や膀胱にある石のおかげで、発熱は繰り返すと思う。
ただ、母の場合、これ以上の治療は、カラダの負担になる。
石をとるとか、砕くとか。
なので、そのまま。

今後、何かあったときの不安。
また、高い熱が出たりしたら、受け入れてくれるんだろうか?
そんな話をしたら、先生は、もちろんもちろん
と、穏やかだけど、はっきりと応えてくれた。
ほっとした。

都会の病院と違い、地方の病院の医師不足は深刻だ。
総合病院という箱はあっても、医師がいない。
開業医ばかりが増えて、総合病院に医者がいない。
がらーんとしてる。
都会では、考えられないかもしれないけど。
救急車だって、30分以上離れた病院に搬送されることもある。
先生いないから。
昔の方が、しっかりしていたなーと思う。

地方と言っても、そんなに小さい市ではない。
そんな中で、踏ん張ってくれている先生方。
すてきだと思った。シンプルに。

母の入院中の病院は、泌尿器科はあっても、非常勤の先生が週何回かくるだけなので、
入院の対応は、出来ない。
だから、もし、石の治療を望めば、隣の街の病院に転院になる。
でも、母は、その治療を望まない。
だから、高熱が出たとき、訪問医に対応してもらうことになるけど、それでもまた、
入院になったとき、もうみてもらえないんじゃないのか、不安だった!
でも、大丈夫だ。
良かった。
がんばろ〜。
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト





病院の帰りに

病院の帰り道、何で母がこんなことになっていて、私は病院に通ってるんだろうか?
なんて考えた。
73歳の母の友達は、みんな元気なのに。
何で母は、寝たきりで、私は介護なのか?

そんなときに、一度死んだと思えば良いじゃん。と思った。
若い時、母が何でもやりたいようにやりなと言ってくれたおかげで、自由に生きてきた。
だからというわけじゃないけど、一度死んだと思えば、もらった命。
あとは、人のために生きればいいのかも。
今は、母のため。

死んでいたら介護もできない。
でも、いつどうなるかなんて、誰もわからない。
そう思うと、何かありがたく思えてきた。
介護で、あれが出来ない。これが出来ない。と思ったけど、生きているからできる。
うまく言えないけど。
そう思うことにした。

  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


母の状況

毎日暑いです。
母は、胃ろうの穴も塞がり、栄養もスムーズ?に入るようになりました。
ただ、今までのラコールの量を消化出来なくなっているようです。
だから、唾も沢山でて、噎せてしまうことが増えているらしい。

病院の提案で、アイソカルという、ラコールと同量で1.5倍のカロリーを採れる
栄養剤に変更することになりました。
保険効かないけど、そんなことは言ってられないですね。

ラコールより、摂取量を減らし、からだの負担を減らしています。

胃ろうは、ただ、栄養摂取の手段なんだなぁー。と思いました。
消化吸収出来なくなってくると、決められたカロリーなんて、吸収出来なくなる。
認知症以外は、病気らしい病気をしなかった母だけど、寝たきりになり、内臓も弱っているみたい。
そんなことを踏まえ、自分の覚悟も決めていかないと。

  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


花火

今日は、色んな用事があり、夜になって母の病院に行けた。
地元の花火だったので、看護婦さんが母のベッドを移動して、花火が見えるようにスタンバッてくれた。
7時から待っていて、結局7時半からだった。
母は、大きく目を開けて花火をみていた。
入院は嫌だけど、花火がバッチリ見えたので、良いとしよう。

花火を見ていて思い出した。
高校生のとき、母に浴衣を着せてもらって、はじめて男子と花火に行った。
母の選んでくれた浴衣の柄が、ちょっと大人すぎて、文句言ったような気がする。

花火にいく約束で、浴衣着たのに、彼氏と大げんかして、そのまま家にいて、母と気まずい感じで花火みたこともあった。そんな男はやめちゃいなーなんて、言ってたな母。
懐かしい。

そして今日。
病院で見た花火。
大事な思い出。拘縮した母の手を広げて、無理やり手をつないで見たよ。

  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


どうなるんだろ!

昨日、病院に行くと、母はたくさん話してくれた。
妹もいて、ごはん食べた〜?って言うと、食べてないよ〜。
なんて答えてくれた。
ハンバーグが食べたいとか、家に帰るとか、たくさん話してくれた。
男の子が三人いて、小学生で、早くかえってご飯のしたくをしないといけないらしい。


胃ろうの方は、お白湯だけでも唾が上がってしまい、管から緑色の液があがるので、
消化できないのかもしれない。
一週間点滴だけで、また痩せてしまった。

どーなるのかなんてわからないから、運命にゆだねることにした。
あきらめないけどね。

前以上に、日々全力で生きようと思う。
無駄な時間なんてないから。


  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2013 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31