レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


病院の帰りに

病院の帰り道、何で母がこんなことになっていて、私は病院に通ってるんだろうか?
なんて考えた。
73歳の母の友達は、みんな元気なのに。
何で母は、寝たきりで、私は介護なのか?

そんなときに、一度死んだと思えば良いじゃん。と思った。
若い時、母が何でもやりたいようにやりなと言ってくれたおかげで、自由に生きてきた。
だからというわけじゃないけど、一度死んだと思えば、もらった命。
あとは、人のために生きればいいのかも。
今は、母のため。

死んでいたら介護もできない。
でも、いつどうなるかなんて、誰もわからない。
そう思うと、何かありがたく思えてきた。
介護で、あれが出来ない。これが出来ない。と思ったけど、生きているからできる。
うまく言えないけど。
そう思うことにした。

  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2013 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。