レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


胃ろうのチューブをのばす。

木曜日に、胃ろうのチューブを、ワイヤーを使い十二指腸まで持って行く処置をしました。
造影剤を入れて、確認しながら、入れていったようです。
造影剤をいれているときも、胃の上部に造影剤がたまり、十二指腸の方におりなかったみたい。

チューブは、胃ろうのものではなく、十二指腸まで届く専用のもの。
抜けて来ないように、胃の部分にバルーンがあり、その中に生理食塩水が入っています。
生理食塩水を一週間か二週間に一度交換します。これは、訪問のドクターかナースにやってもらうみたい。
チューブの交換が3ヶ月に一度。
これは、通院。

母は、口があんまり動かなくなってしまったけど、良く喋るようになった。
言ってることは、わからないけど。

唾や痰も減った。
ただ、下痢が激しく。今日は、栄養剤がそのまま出ちゃってたらしい。
下痢がおさまれば、良いんだけど。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2013 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。