• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


イヌイットになった日本人のテレビをみて思う

昨日、NHKでイヌイットになった日本人の親子三代の記録をやっていた。
おじいさんが日本人で、子供、孫の三代で狩りをする様子が映し出されていた。

生きるための狩りや生活全般の仕事を、子供に伝え、それが孫に伝えられている。
いきるための仕事だから、教えるほうも教えられるほうも真剣、そして子供を見守るおとうさんやおじいさんのまなざしが温かかった。何歳になったから、これをやってみろと言ってやらせる親。チャレンジする子供。
人を育てるってこういうことなんだと思った。


私も、こういう親からの伝授を求めていたんだと思う。
核家族でなんにも伝統はない家だったけど、ふじちゃんの技術とか伝授されたかったな。
母は、私や妹にまっすぐな気持ちで正直に生きる姿を見せ続けてくれたと思う。
ただ、どうした訳か、料理とか裁縫とか教えてくれなかったなあ。(掃除はよく一緒にした)
私が、部活で遅かったり、遊び歩いていて家に居なかったことも要因だと思うけど。
気持ちや生き方は、教えてもらった感があるけど、母のもっている技術は教えてもらいたいなあで終わってしまった。
だから、ここに来て、母がこうなったことで、動揺している自分がいるのかもしれないとふと思った。


たぶん、イヌイットの子供は、はたち前には、親のもっているすべての生きる知恵を伝授されているのだと思う。それが、大人になるということなんだと思う。
それは、親と過ごす濃厚な時間であり、親はいついなくなってもいいという覚悟もあるんだと思う。
そして、親も子供も成長していくんだと思った。


そんな時間が私には、足りなかったんだと思う。なんとなくそれは、ずっと感じていたこと。
今、はっきりした感じがした。
ふじちゃんに反発ばかりしていたから仕方がないことなんだけど。







スポンサーサイト
  1. 母と私の関係
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

No title

  1. 2011/10/12(水) 15:30:29 |
  2. URL |
  3. 椛かんな
  4. [ edit ]
みやさんが思っていること、まるっとそのまんま、私も思っています!

母から料理とか編み物とか、もっともっといっぱい教えてもらっとけばよかったって。認知症が分かったときに、もうそういうことが教えてもらえないんだっていうのが、とっても悲しかったです。

でも、思い返すとみやさんと同じように、部活や遊びで忙しくてなかなか台所に一緒に立てなかったです。
それに、小学生ぐらいのときって興味があってお手伝いしようとしても「危ないから」とか「勉強しなさい」とか、足手まといになっちゃって追っ払われたり・・・

それってどこの家庭も多いんじゃないかと思います。世の中も、ほら学力第一、学校第一だっだじゃないですか。
でも、今思うと、みやさんのいうように、生活の技術とかお母さんの知恵とか授けてほしかったですよね。いつまでも親は元気でいるとは限らないからっていう覚悟は、なかなか今の親世代には、もてないんじゃないかなって思います。

私も何とか、子どもらに簡単な料理や掃除を教え込もうとしてますが、やる気のあるときはしてくれるのに、大体が反発食らって、けんかになってます~~i-238

No title

  1. 2011/10/13(木) 08:40:36 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
かんなさん ありがとう。

やっぱりそうですか。もう、教えてもらえないのがとっても悲しいです。
でも、かんなさんが書いてくれた通り、そんな時代でしたね。
私も、手伝おうとすると、急いでるからいいよって言われたり、勉強やりなって言われたり。そして、けんかになりましたね。

お子さんとけんかに負けないで、しっかり伝授してくださいね。
かんなさんの生きる知恵。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。