• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


日々想う

最近、「母がいつから認知症だったのか?」ばかり考えてしまう。
5~6年くらい前から、無気力な感じがしてた。
話していると、どこか上の空な感じ。
昔はこういう人じゃなかったって、なんとなく思っていた。
大好きだったダンスをやめたのもこの頃。踊れなくなっていたのかも…。
ひとりで苦しんでいたのかと思うとう辛くなる。


今朝思った。「考えても過去は変わらない。」母は、辛かったかもしれない。困っていたかもしれない。
でも、もうその頃には戻れないんだ。考えるだけ無駄だ。
たぶん、少しずつ色んなことが出来なくなっていったんだと思うけど、そんなときも出来ることを見つけて、工夫して母なりに楽しく過ごしていたように思う。旅行もしてたし、ランチもしてた。だって笑ってた。

だから、もう過去のことのことは考えないようにしようと思った。
頭に浮かんできたら、さらっと流すようにしようと思う。過去に浸りたい自分もいるけど。
これが、過去を振り返らないってことなんだと思った。


母が認知症とわかって、今まで「何で?」と思っていた謎が解けた。
認知症だったからだったんだと。
色々考えていく中で、こうだから認知症になったのかなとか考えたけど、良くわからない。
すっと腑に落ちたのが、母はこうなる運命で生まれてきて、だから今までの出来事があったんだと。
そんな気がしてきた。

若い頃から、幼稚園のPTA会長や婦人会の会長をして、洋裁、和裁、編み物、そして旅行、ダンス、パートの仕事。なんでそんなに急いでやるのかなあとずっと思っていた。若い頃にやり尽くしていった感じがした。
何でも、はやくやりたがって、はやく出来て。
もっとゆっくりやれば、元気で長生きしたのかな?

そして、辛い思いもたくさんしていたのを見ていた。うまくいえないけど、こういう人生だったから、認知症になったというより、70歳で認知症になってしまう運命だからこうやって生きてきたとしか思えない。


私の運命も決まっているとしたら、日々大事に生きていくことだけなんだと思った。
母の戻らない過去の辛さを気にしているうちに、私の時間も減っているんだと気づいた。
自分の人生も母の人生と一緒に終わったなんて思っていた頃よりは、少し前を向けるようになった。
自分に出来る、わくわくすることを探して、自分の人生を生きていこうと思う。



スポンサーサイト
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

No title

  1. 2011/10/13(木) 20:14:32 |
  2. URL |
  3. みずき
  4. [ edit ]
私たちは日頃忘れてしまっていますが、愛する人と過ごす時間は一日一日減っていっているのですね。

両親を見ていて、そのことに気付かされました。

夫や姉妹、子どもたちと過ごす日々にもいつか終りが来る・・・。

とても怖くて考えたくないことだけれど、それをおそれるのではなく、一日一日を大切に生き、お互いを大切に思いやることしかできない。それが一番大切なことなのかなと思うようにしています。

友人に親と突然別れた人も多くなってきました。
みんな後悔の涙を流していました。

私たちの親は、まだ猶予を与えてくれているんだと思っています。

今日を、今を大切にできたらいいですね。

No title

  1. 2011/10/14(金) 09:56:45 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
みずきさん ありがとう。
「私たちは日頃忘れてしまっていますが、愛する人と過ごす時間は一日一日減っていっているのですね。 」まさにそうですね。怖くなりました。
母のことばかり考えていたけど、夫、父、妹、義父母、他の親戚みんな例外なくなんですね。不満なんていってる時間がもったいない。
大事に生きます。

ご両親お元気そうでよかったです。



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。