• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


胃ろうにすることになりそうです。

日曜日の夕方、鼻チューブの経管栄養をやっているとき、むせが激しくなる。
吸引すると、唾ばかりで痰はなし。

昨日も食事の時間のむせが激しかった。

先週の火曜日、鼻チューブを変えたが、母は鼻の穴が小さく10フレがやっとなのに、訪看の所長さんが12フレを頼んでいたようで(この人少しくせもの)
担当のナースが、苦労しながら入れて、母も辛そうだった。

今日、訪問の日だったのでむせの話をしたら、急いで10フレのものを持ってきて変えてくれる。
昼のとき、大丈夫かと思ったけどまたむせる。
むせだけでなく、息がはーはー言い出したので、在宅医療の先生に相談。
往診してもらう。

むせは、チューブがのどに入っていて、唾が出やすいのかも。
早々に胃ろうを勧めるとのこと。
息がはーはーはやくなったのは、パーキンソンの症状もあるかもとのこと。


病院に3ヶ月入院していて、レビーと確定診断されたのは2ヶ月が過ぎたとき。
ミキサー食のハーフを食べていたけど、途中から確実に飲み込みが悪くなっていた。
レビーとわかって、飲み込み悪くなっているのに、鼻チューブでそのまま退院させたのか?
今となっては、疑問。胃ろうの話なんて出なかった。

ちょっと不思議。
私たちは、病院の看護のやり方とか嫌でつれて帰りたくて、帰る体制考えるのが精一杯でそこまで
考えてなかったし。

このまま喉が辛いのもかわいそうだから、胃ろうにする方向になりそう。

下水の工事、母の胃ろうと決めることが次々に出てくる。
  
今日の夕飯は、むせがなかった。やっぱりチューブの太さも原因かも。


スポンサーサイト
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。