• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


世の中繋がっている

最近の母、喉が渇くのか「みじゅー」と水を欲しがる。
スプレーで水を口にふいてあげると、「もう少し」「もう一杯」とか言って、かなりの量の水をふく。
OKな時は、「ありがとう」と言ってくれるので、助かる。

ここのところ、水をふくと、「甘いの」と言う。
それから、「飴」と。

実家には、飴の缶があって、母が色々な飴を買ってきて、いつも一杯にしてくれていた。
飴好きだったなあ。

昨日、棒のついた飴を買ってきて、ベーっと出した舌に舐めさせてみた。「あまーい」「もっと」
調子に乗った私は、飴を口の中に入れてみた、すると母、飴をかんでしまった。
「キャー出して出して」とあわてる私。
母は、ゆっくり味わって、飴を舌に乗せて出してきた。

ちょっとだけど、甘いの味わえてよかった。

そんなクリスマスイブ。
認知症でもご飯食べれていたらな…。なんて考えていたら、なんで母ばかり…。の渦の中にはいって、抜け出せなくなってしまった。もっと大事にしていれば、なんて考えちゃう。

今朝、洗濯物を干していると、近所のおばさんが通りかかる。
色々話していると、「お母さんの事は仕方ないから、くよくよ考えないで、前向かないと。」
「お姉ちゃんが、病気になっっちゃうよ。」って言われた。
私、どよーんとした顔していたのかな???

このおばさん、一人っ子の娘さんとお婿さんをずっと前に、交通事故で亡くしている。
旦那さんも去年亡くなって、時々娘さんの残したお孫さんが来ているみたい。
辛い辛い経験をしたおばさんは、優しかった。そして、凛としていた。
おばさん78歳。元気だー。

「お母さん、楽しい人だったけど、人間いつどうなるかなんてわからないから、今を生きよう。おばさんもがんばるからね」って。
泣きそうだった。






スポンサーサイト
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

No title

  1. 2011/12/27(火) 01:15:03 |
  2. URL |
  3. 椛かんな
  4. [ edit ]
ふじちゃん、動くことは難しいけど、うちの母よりちゃんとコミュニケーションとって、お話できてすごい!です。絶対みやさんの優しさがとっても嬉しいと思います。

近所のおばさんも、つらいことがあったんですね。みんなきっと何かそれぞれにあるのだなあと思います。
うちの親戚とか見てても、娘がうつ病だったり、息子がリストラされてたり。
そんな中でこそ人の優しさに気づいたり、ちょっとしたことが嬉しかったり・・・

落ち込むこともあるけど、おばさんのいうとおり、今を大切に生きましょう!!お互いに。

ところでスロージョグ、みやさん続けてますか??
私久しぶりに、極寒の中、チャレンジしたら、どえらい目にあってしまいましたi-183近日中にブログにupしま~す!

Re: No title

  1. 2011/12/27(火) 09:52:14 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
かんなさん

ありがとう。
本当に親孝行なこと全然やってこなかったから、母が嬉しく感じてくれていたら良いなあと思います。
母がこうなるまで、自分は本当におきらくな人生を歩んでました。
今は、世の中には辛い思いを抱えて生きている人は本当にたくさんいることがわかったし、生きるって辛いことなんだなあと思います。
だから、今を大切にしなきゃですね。

そして、お気楽に生きさせてくれた母には本当に感謝してます。

スロージョグたいへんでした。寒い中、無理は禁物ですよ~。

No title

  1. 2011/12/29(木) 17:58:54 |
  2. URL |
  3. hajime
  4. [ edit ]
家族の介護をしていると、「無理をしないで」とか「ヘルパーさん使えば」とか声を掛けられますが、本当の辛さは当事者じゃないと分かりませんよね。

近所のおばさんの声が響いたのは、そのおばさんの経験があったからこその気持ちのこもった言葉だったと思います。

考えさせられました、ありがとうございました。

Re: No title

  1. 2011/12/30(金) 13:47:42 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]


hajimeさん

コメントありがとう。
私の場合、介護をする行為自体は全く辛くないです。
だから、無理しないでってよく言われてるけど、無理はしてないと思う。

辛いのは、気持ちかな。母が変だなあーと思いながら気づくことが出来なかったこと。
そして、進行の余りの早さについて気持ちがまだついていけない。
どうしてあの元気で豆な母が71歳で認知症なんて…って思いがずっとあります。
そして、寝たきりで胃ろうだし…。

人によってみんな違うんだろうなあと思います。

母の友達、親戚、みんな無理しないでって様子見に来てくれるけど、今まで本当に心に響いたのは、そのおばさんくらいかな。
本音をいえば、様子見に来てくれる時、おかず持ってきてくれるとうれしいのにと思う。




 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。