• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


ヘルパーさん感謝

年末の30日から3日まで、ヘルパーさんや訪看さんはお休みにした。
のんびり出来たけど、清拭やオムツ交換をずっと繰り返していると、だんだん辛くなってくる。
特に、年末から便がゆるくなっていたので、ヒルも夜もがんばって、こまめにオムツを替えていた。

胃ろうから栄養をとっている母の体が、どんどん痩せてきている。
あんなにムチムチさんだった母がガリガリさんになってきた。
それも辛い理由。大丈夫なのかなあと思う。
先生に聞いても、血液に異常がなくて、1200カロリーは十分とっているし…。わからないみたい。
ずっと震えているかもしれないとのこと。


4日からヘルパーさんが来てくれたときは、本当にほっとした。
助けてもらって介護しているんだなあと思う。
人が入るのは、うっとうしいけど、1日2回オムツを交換して清拭してもらえると助かることが良くわかった。


ここのところ、頭の中が負のループに入り込んでいて、母はきつい性格と思ったけど、ずっと前から認知症でお怒りっぽかったのかなあとか、母の人生はたのしかったのかなあ。
とかぐるぐる考えている。
そして、喧嘩ばかりして、家事を手伝わなかった自分を責める。
なんで、家の母ばっかりとか…。
そして、様子変なのに、薬をたくさん飲ませてしまった自分を責める。

考えても、母の人生はもう、変わらない。
でも、考えている私。

こんなこと考えていると、寝れなくなるし、体が動けなくなる。
もう、病気だ。

私が考えても、自分を追い込むだけで、何にも変わらないのに。
なんで考えちゃうんだろう。とまた考えて追い込む。

たぶん、年末年始で幸せそうな家族とか見ちゃったからかな。
母と買い物に行けなくなって、デパートとかスーパーとか行くのが辛い。
年末年始はそれが押し寄せて来た感じ。


でも、もう寂しい気持ちは十分味わったから良いにしよう。
母の人生は、たとえずっと前から認知症だったとしても、友達に囲まれてつい最近まで楽しそうにしていたんだから、私が評価する必要もないし、母はそんなことして欲しくないよなあ。

考えないのが一番なんだけど、考えてしまう。
たぶん、考えないより、考えに浸っている自分が楽だから。
でもでも、もう考えないようにしよう。
こんなに考えていたら、体が持たない。
考えないぞー。










スポンサーサイト
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。