• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


責める自分

ふじちゃんが急激に進行して、それを受け入れられない自分。
十分に親孝行できなかったことを責めている自分。
薬をやめさせられなかったことを責める自分。
とにかく自分を責めていた。

責めすぎてやる気がなくなってしまった。
ふじちゃんの認知症の先生に相談にのってもらっている。

前を向けないという話をしたら、
認知症は、出来ることがひとつひとつなくなっていく病気。
これらかもっと辛いかもしれないよ。
それは、どの段階でわかったとしても同じかもしれないと。
とにかく介護者が健康でいることが大事。と言われる。

確かに、自分の親がじわじわと出来ないことが増えていくのも辛いのかも。
急激に悪くなるとのまた違う辛さがあるのかも。



スポンサーサイト
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。