• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


母との時間

この前のスピリチュアル系の講演会、講師の方は旦那様がまだ30代で亡くなってしまった。
しかも突然目の前で。
そして、どうやって立ち直ったかみたいなことを話してくれた。

亡くなってしまった旦那様の体はどんどん硬くなっていってしまい、旦那様でなく旦那様の形をしたもののような感じがした。すごく怖かったと話されていた。
私も子供の頃、ひいおばあちゃんが亡くなったとき、同じような感じがして、ひいおばあちゃんに近づけなかった。

変な話だけど、うちの母、動けなくて体が固まってきていて、全く違う人になってしまったけど、そう考えると人なんだ、生きているんだなあと思った。まだ温かいし、喋るし。そばに居たいし。
胃ろうになって、寝たきりで体が固縮して棒のようになってしまった母の状況が、まだまだ受け入れないでいるんだと思う。


でも、話を聞いて今の時間をもっと大事にしようと思った。
母は変わってしまったけど、まだ生きているんだもの。ここに居てくれているんだもの。



昨日、夫が母に童謡のCDを持ってきてくれた。
CDかけると聞いているし、口ずさんだりしている。
「うた好き?」って聞くと「うん」という。
そういえば、子供の頃、童謡のレコードを買ってくれてよく聴いた。
母ともよく歌った。


スポンサーサイト
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

No title

  1. 2012/08/05(日) 22:28:30 |
  2. URL |
  3. 椛かんな
  4. [ edit ]
みやさん、こんにちは。
スピリチュアルなお話の講演会だったんですね。
私も知人に詳しい人がいて、時々話を聞いてもらったり、アドバイスしてもらったりします。
生きることとはどういうことか、なんで今、母や自分がこういう状況にいるのか、なんてことを教えてもらい、すごく勇気や元気をもらえます。
つらい経験をするのは、自分が色々経験を積んで、成長するためらしいです。そう決意して生まれてきたらしいです。
母も、認知症になっても、家族の愛とか感謝という気持ちを学んでいる、ということです。それに私にまだ、色々教えてくれることもあるし。
だから、みやさんの言うとおり、生きている、ここにいてくれるってだけでも、意味があるしありがたいことなんですよね。
まあ、日々追われているとそんなこと忘れがちになっちゃうんですが・・・

ところで、土曜日清水エスパルス戦、遠征しようと思っていたんですが、子どもの用事で行けなくなっちゃって・・・みやさんにもお会いできたかもしれないのに、残念です!!
おいしい海の幸も楽しみにしてたんですが、またいつかお会いできる日があったらなあと思います。


Re: No title

  1. 2012/08/05(日) 23:06:31 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
かんなさん

こんばんは。
そうなんです。
今までそういう系のお話って、ふーんって感じで話半分で聞いていたけど、今はすごく納得してます。

> つらい経験をするのは、自分が色々経験を積んで、成長するためらしいです。そう決意して生まれてきたらしいです。
その方もそう話してました。寿命も決めてくるみたいです。
母が何でこんなになってしまっているのかは、全くわからないけど、色んなことを教えてくれているのはたしかかなあ。価値観と変わってしまったし、物や人への執着もなくなってきた感じ。
母への執着がたくさんあるけど。

> だから、みやさんの言うとおり、生きている、ここにいてくれるってだけでも、意味があるしありがたいことなんですよね。
なかなか思えないけど、前よりそう思えるようになってきたかな。

遠征の件は残念です。
いつか、ぜひ会いたいです。

No title

  1. 2012/08/06(月) 17:02:46 |
  2. URL |
  3. mana-p
  4. [ edit ]
そういう話聴く機会があって、うらやましいです・
私も機会があれば聞いてみたいですが、闇雲にそういうところに行くのも怖いので・・・。

私も、母が亡くなって、同じ部屋で寝てましたがお母さんの形をした物体と言うのもなんですが、すごく。。。
なんともいえないきぶんになりました。
みなさんそうなのですね。安心しました。

大好きな母なのに、そこに横たわっている母を、なぜか、母のような・・・という感じを持ってしまっている自分に・・・でした。
うまくいえなくてごめんなさい。

Re: No title

  1. 2012/08/08(水) 09:59:51 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
mana-pさん

こんにちは。
そうですよね。私も自分から行くのはちょっとって感じでしたが、信頼できる先輩がさそってくれたので…。
怪しそうなものもありそうだし。

> 私も、母が亡くなって、同じ部屋で寝てましたがお母さんの形をした物体と言うのもなんですが、すごく。。。
> なんともいえないきぶんになりました。
> みなさんそうなのですね。安心しました。
> 大好きな母なのに、そこに横たわっている母を、なぜか、母のような・・・という感じを持ってしまっている自分に・・・でした。

それ、わかります。私もすごく大好きだったひいばあちゃんなのに、触ってあげることも出来なくて、なんで近づけなかったんだろうって思ってました。罪悪感もずっと持ってました。
でも、私もこの話聞いて、罪悪感が消えました。





 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。