• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


変化

今日、ヘルパーさんとふじちゃんのおむつ交換しているとき、
ふじちゃんに台所のほう向いてというと、頭を台所の方に向ける(ここまではいつもどおり)
その後

なんと、動かなくなったはずの足を組んでくれて、体の向きを変えやすくしてくれた。
ヘルパーさんとびっくり。
足動かしてくれたんだね。ありがとう。

私が落ち込んでいる間にふじちゃんは進化している。



今、パソコン開いている隣で、「ありがとう」「ごめんね」と言った。
こういう会話は復活して初めて。

「私のほうか、薬をやめさせなくてごめんね」というと
「いいよ」と言ってくれる。

「命が終わるかも」なんて物騒なことをいうので
「体動かなくても生きて」とおねがいすると
「うん」と言ってくれた。

「今日一日楽しかった」と聞くと「まあまあだね」と答えてくれた。

うれしい一日でした。
スポンサーサイト
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

No title

  1. 2011/06/09(木) 19:49:43 |
  2. URL |
  3. Julia Kerry
  4. [ edit ]
こんばんゎ~

心がつながっている親子の会話ですね。

目に浮かびます。

お互いに気持ちを汲み取る、
そんなところに 幸せ があるんですよね。

夕方以降はちょっと寒いです。
体調崩さないようにお互いに気をつけましょう~!

Re: No title

  1. 2011/06/09(木) 23:00:49 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
Julia Kerry さん

ありがとうございます。
母は動けなくなってしまいましたが、こんな小さなことがうれしいです。
きっと親子はどんな状況になっても、心で繋がっているんですね。

No title

  1. 2011/06/10(金) 00:19:12 |
  2. URL |
  3. みずき
  4. [ edit ]
はじめまして。
私の両親もともに「パーキンソン病」と言われ、投薬治療をしています。
特に母は発病から4年、今入院していろいろな薬を試しているところです。もともとパーキンソン病だったのか、誤診で薬によってひどくされたのかは分かりません。今はオフの特の固縮がひどく、Lドーパもあまり効きません。

みやさんのブログを見て、今実は「母はレビーじゃないか」と思っているのを、一刻も早く医者に伝えようと思いました。

みやさんは「ドクターコウノのブログ」をご覧になったことがありますか?
ものすごい内容のブログで、良くなったかたの前後の写真なども載っています。

私は母をぜひこの先生に診せたいと思っています。今はなかなか長時間車に乗れる状態ではなく(固縮がひどい)名古屋までつれていくのは難しいのですが。

もしもまだご覧になっていらっしゃらなければ、ぜひ一度「ドクターコウノの認知症ブログ」をご覧ください。希望がわいてきます。

そして、多くのお医者さんがこの「メソッド」(誰にでも無料でプリントアウトできます。太っ腹の先生です。「コウノメソッド2011」で検索してください。)を採用してくれたらと思います。

いきなりの長文ですみません。

コメントありがとうございます。

  1. 2011/06/11(土) 10:26:39 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
みずきさん

はじめまして。
このブログがきっかけで、お母さんがよくなっていったらうれしいです。
家の母は、パーキンソンと診断されて薬を飲んでからあっという間におかしくなっていきました。
わずか2ヶ月でした。
そのときの状況はまだ辛くて書けませんが、気持ちの整理が出来たら書いていこうと思います。

このとき、私はパーキンソン病という診断を信じていたため、認知症を学ぶ会のサイトもみつけていたのですが、認知症は関係ないとスルーしていました。
頭が固くなってしまってたんですね。悲しいです。

進行してからですが、コウノメソッドを知って、父母とも地元のコウノメソッドの先生に診てもらっています。
河野先生熱いですね。

レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会のサイトは行かれましたか?
ある認知症専門医の回顧録のブログも(勝手に紹介してすみません)
レビーのこと参考になると思います。



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。