• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


またまたやってくれた父

夫も妹も居なかった夜。
父が突然部屋から出てきた。しかも、夜なのにスラックスはいてセーター着てる。
聞くと、お風呂でひげを剃っていて、かみそりで鼻の下を切ってしまったので、救急外来にいってくるという。
傷をみると、小さい傷。
確かに血が止まらないけど、救急外来に行くほどでもない。
くっつくないガーゼがあったので、それをテープで止めて手で押さえておくように言った。
晩酌もしていたけど、車で行くつもりだったみたい。
昔から、すぐ病院に行っていたけど、ちょっと血が止まらないだけで救急外来はびっくりした。
判断力にぶってきてるのかもしれない。

実はこの話には続きがあった。
今度は昼間、歯が取れたと言って歯科に行った。
先生と話して、この前抜いたとき、血が止まらなかったから、総合病院の口腔外科を紹介されたといって、
次の日、総合病院に行ってきた。
父が居ない間、父の部屋の薬をみると、もう行っていないと言ったはずの脳神経外科に定期的に通っていて、血圧下げる薬、血液をさらさらにする薬を処方されていた。
ワーファリンではないので、弱い薬らしいけど、血が止まらなかったのはその薬のためだったみたい。
そのことを説明したけど、わかったのかどうか。
そして、飲んでる薬をしっかりDrに言ってのかどうかも不明。

父の血圧は病院にいったとき160になるくらいで、主治医の内科の先生に薬は必要ないっていわれている。
この内科の先生は必要最低限の薬しかくれない。だから、かえって信じられる。

なのに、わざわざ、脳神経外科に行って、薬もらっているのかよくわからない。
この脳神経外科、すぐに薬を出す。それも必要か?って感じの量。
友達がかかったとき、糖尿で他の病院にかかっていたおばあさんに、うちで糖尿の薬の管理をするから、ここの病院だけでいいといっていたらしいけど、脳神経外科で脳のオペばかりしていた先生が糖尿病みれるのか?って疑問に思ったっていっていた。

お年寄りって、薬をくれるから良い先生って思っている人が多い気がする。
しかも、その薬を自分の判断で拾いのみする。
うちの父も血圧の薬を飲んだり飲まなかったりしているみたい。
それで、結局薬は飲まなくて捨ててしまったりする。
薬代は本人の負担は確かに少ない、でも、残りは税金で賄われていて、医療費がドンドンかかっていく。
父の部屋を見ていて、飲まれなかった薬、使ってない湿布。
あまりにも多すぎる気がする。

患者は薬は断れない、本当に必要な薬のみを処方して欲しいと思った。
父は言っても、たぶん脳神経外科に行くと思う。薬も隠すと怒るのでほおってある。
冷たいと思われるかもしれないけど、本人がやりたいようにやればよいと思う。

妹と精神科にいったとき、血圧のことを先生に相談したみたい。
そしたら、160で、薬は必要ないと思うといわれてと言っていた。
本人がどうするかは不明。

スポンサーサイト
  1. 家族のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。