• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


DVDを見て

昨日、夫が借りていたDVDを二人で見た。
一緒に見るのは、すごく久しぶり。前は良く見た。

「臨場」ってテレビドラマだったものの映画化。
内容は省略しますが、結構重いテーマだったと思う。
久々に染みた。
それぞれの登場人物が、なんかの形で突然家族を喪っていて、みんな重いものを抱えて生きている。
娘を突然喪ったお母さんがいっていた言葉。
「どうして、家の娘があんなめにあわなければならなかったのか。私の育て方が悪かったのか。私の生き方が悪かったのか。考えてもわからない。教えてほしい」
というようなことを言っていた。(ちょっと違うかもしれない)

私も母が急激に悪くなり、病気がもう治らないとわかったとき、同じ事をずっと考えていた。
母の生き方が悪かったのか、私の生き方が悪かったのか…。そんな感じで自分、母、家族を責めていた。
状況は違ったけど、すごく自分と重なった。

辛いのは私だけじゃない。
みんな、何かしら抱えて生きているんだなあと改めて思った。
抱えた思いはきっと癒えないのかもしれない、でも抱えて寄り添って生きていくんだと思う。


「自分の人生を精一杯最後まで生きて、また出会えたとき、俺はお前の分まで精一杯生きたよって言うんだ」
この言葉がいいなあと思った。


スポンサーサイト
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。