• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


泣けた。

昨日、母の主治医の先生と面談した。
胃ろうの方は落ち着き、後は熱が下がれば退院できる。

尿管や膀胱にある石のおかげで、発熱は繰り返すと思う。
ただ、母の場合、これ以上の治療は、カラダの負担になる。
石をとるとか、砕くとか。
なので、そのまま。

今後、何かあったときの不安。
また、高い熱が出たりしたら、受け入れてくれるんだろうか?
そんな話をしたら、先生は、もちろんもちろん
と、穏やかだけど、はっきりと応えてくれた。
ほっとした。

都会の病院と違い、地方の病院の医師不足は深刻だ。
総合病院という箱はあっても、医師がいない。
開業医ばかりが増えて、総合病院に医者がいない。
がらーんとしてる。
都会では、考えられないかもしれないけど。
救急車だって、30分以上離れた病院に搬送されることもある。
先生いないから。
昔の方が、しっかりしていたなーと思う。

地方と言っても、そんなに小さい市ではない。
そんな中で、踏ん張ってくれている先生方。
すてきだと思った。シンプルに。

母の入院中の病院は、泌尿器科はあっても、非常勤の先生が週何回かくるだけなので、
入院の対応は、出来ない。
だから、もし、石の治療を望めば、隣の街の病院に転院になる。
でも、母は、その治療を望まない。
だから、高熱が出たとき、訪問医に対応してもらうことになるけど、それでもまた、
入院になったとき、もうみてもらえないんじゃないのか、不安だった!
でも、大丈夫だ。
良かった。
がんばろ〜。
スポンサーサイト
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。