• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


胃ろうの説明

今日はふじちゃんの胃ろうの説明を聞きに、近くの総合病院にハチと妹と私と出かける。
ふじちゃんは、夫と留守番。

訪問医の先生から、今後何かあったときの対応も考えて近くの方がよいからのその病院の紹介を受ける。
医師不足で科が少なく、外来も老人ばかりになってしまった病院だけど、今後ふじちゃんがガンの手術とか受けるわけではないのでここでよいのかもしれない。

胃ろうは、バンパー型のチューブ式を一回目にはつけて、その後希望で変更するとのこと。
ふじちゃんは、左手が少しだけ動くだけなので、チューブ式でも問題ないと思う。
抗パーキンソン薬、抗精神薬に過敏に反応したこと。
麻酔に対して薬剤過敏なので不安等話をする。
40代位の先生だったが、わかりやすく説明をして、こちらの質問にも丁寧に答えてくれた。
次回30日に、ふじちゃんを連れて行って、胃カメラ、血液、CTの検査をして胃ろうが出来るかどうかの確認をする。


先生の説明中、耳が聞こえないはずのハチが、妙に「ハイ」とか「エエ」とか返事をしていて、それが私には耳障りだった。本当に聞こえているのだろうか?
話を聞いて相槌をうっているというより、だた「ハイ」と言っている感じがして仕方なかった。
普段会話をしていて、ハチはあんなに相槌はうたない。



帰りに「お父さん、先生の話、聞こえていた?」と聞くと
   「今日は、よく聞こえた」という。なぜか怒っていた。
   「じゃあ、胃ろうってどうするかわかった?」
   「胃の手術をする」
   「どういう手術?」
   「そんなに専門的なことはわからない!!!」
ものすごくお怒りモードになってしまったので、話すのをやめた。

でも、妹が手術はどのくらい時間がかかるのかと聞いて、30分位と先生が答えた直後に同じ質問をしていた。

内科の受診も一人で行っているが、あの調子で返事してたら、先生は聞こえていると思う。
よく、「どうだった?」と聞くと、「よく聞こえなくて途中から聞いていなかった」と答えることが多い。


スポンサーサイト
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

No title

  1. 2011/06/18(土) 09:07:42 |
  2. URL |
  3. みずき
  4. [ edit ]
みやさん、おはようございます。

うちの父もとにかく耳が遠く、会話に苦労します。
母の声がどんどん小さく、口の動きが悪くなっているので、二人だと喧嘩のように聞こえるくらい、話がかみ合いません。(父は極端に大きな声で話しますし)

私たち娘がいれば、間に入って通訳のようになって何とか収まるのですが。

父は今日、耳鼻科に行ってくるそうです。ひょっとしたら耳垢かもと言っています(前科アリ)自分でとれないそうです。いい年をして・・・

Newフェルガードが難聴に効くことがあるときいて、昨日から飲ませていますが・・・。どちらにしても歩行も悪いので無駄にはならないかと祈っています。

みやさんのブログを通してhokehoke先生に御助言頂いたおかげで、kuririnさんにアドバイスをいただき、7月に河野先生に診ていただくことにしました。

母は行けないかもしれませんが、父だけでも連れて行きたいと考えています。

お母様のこと、うまく進みますように。
みやさんにもお母様にも日々感謝しています。

Re: No title

  1. 2011/06/18(土) 11:55:35 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
みずきさん

お役に立ててよかったです。
お父様もお母様も良い方向に進むといいですね。

家の父は、補聴器つけてます。でも、聞こえないです。仕方ないですね。
最近の父と暮らして、母の苦労がよくわかりました。
母は、もうたくさんとこんなになってしまったのかも。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。