• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


先生の提案

母の発熱の原因。
誤嚥性肺炎か膀胱と尿管にある血石。
どちらかは、わからない。

ただ、今できることを考えてみましょうと、先生の提案。

痩せていること、座位を保つ筋肉が無い事で、寝ている時に、胃が背骨の方に乗っかるようになって、背骨で胃が二つに分けられているようになっている。
そのため、胃の上部に栄養がたまり、下から十二指腸にながれにくくなって、唾や痰がでたり、逆流しやすい状態らしい。

なので、栄養の量を減らしたり、胃ろう中の角度を起きた状態に近くしたけど、あんまり効果なかった。

今回は、胃ろうの管のを、十二指腸まで伸ばしてみるとこに。
胃ろうの穴は同じで、ワイヤーを使って管を十二指腸にいれていく。
先生の話では、こういう患者さんも、何人かいるらしい。
直接、栄養が十二指腸に入るので、逆流は少なくなるが、下痢をする場合があること。
管の交換が、1ヶ月になること。
それが、違いのようです。

膀胱等の石が原因の場合、どうかなと思ったけど、この方法をやってみることにしました。
もし、下痢がひどい場合は、もとの胃ろうにもどします。

がんばれ、母さん。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

No title

  1. 2013/10/15(火) 20:34:15 |
  2. URL |
  3. HR
  4. [ edit ]
お母様が入院されてさぞご心配されていることと思います。
入院先で少しでも体調が楽になられるようお祈りしています。
うまく気持ちをあらわせず、なかなかコメントできずにいますが、いつもみやさんと同じ気持ちでいます。そして応援しています!

No title

  1. 2013/10/15(火) 22:55:51 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
HRさん

ありがとう(^_^)
気持ちがわかってもらえると、ほっとします。
母の体調の変化があまりに早すぎて、現実ではないような気がしています。
今、自分が生きていることも、現実でないような…。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。