• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


在宅の看取り、うちの場合②

①に昨年の12月の始めと書いたが、20日近辺だった。
咳が続いて結局、介護タクシーで近くの総合病院に行った。
総合病院なんだけど、医師が居なくて内科、外科、整形外科が常勤医の先生で、後は嘱託医で週数日の診察。なので、高齢の患者さんしかいない。しかも、空いている。小泉さんの前は、すごーく混んでたんだけどね。

訪問ナースが電話を入れてくれていたので、母が休めるところを開けて待っていてくれた。
レントゲンや血液検査に異常はなく、気管支炎との診断だった。家に帰るか家の場合は抗生剤、入院して点滴のどちらかを選ぶようにとのこと。
家思えば家で点滴もできたのでは?と思う。
咳は出てたけど、熱はないので、家に連れて帰ることにした。

ここまでで疑問なのは、母の主治医は訪問医なのに、咳が出ている状況しかも訪問ナースも一度診て欲しいと言ってくれたのに、診にきてくれなかったこと。
近くの総合病院に行くにあたり、担当の先生に電話一本入れてくれても、良かったのではと思った。
結局、母の主治医は、総合病院の先生みたいな感じになってしまっていた。
この先生は、外科医で母が胃ろうを作った時からのお付き合い。母みたいな状況の人を人としてみてくれた。
ずっと前に、何かあったら相談しても良いですか?と聞いたとき、『もちろんもちろん』と言ってくれたんだよなー。『見捨てないよ』って、泣けたなーあの時。そんなことを思い出した。

そんな訳で、自宅に戻る。
でも、痰も多いし、ぐったりしてた。一応訪問医に状況を報告した。
結局、みにこなかったかな。

12月24日のナースが訪問の日、あんまり元気無いと話すと、そのまま総合病院に連れて行くことになった。
後で、ナースに聞くとあきらかに痩せていて、ただ事でないと思ったらしい。確かに、写真見ると、たった数日ですごーくやせてた。
この時は、有無を言わせず入院。
先生が入院しましょうと言ったとき、母は『えーっ』と声を出して目をまん丸にした。『大丈夫ですよ〜』と先生言ってくれたんだけどね。
あの顔思い出す。

点滴したときも、『痛い』と言ってた。
病棟に行くと、部屋が空いてなくて、いつもの南側ではなくて、北側の部屋になってしまった。北側の部屋はなんか雑然てしてて、落ちつかなかった。

つづく





スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

  1. 2014/10/23(木) 00:06:33 |
  2. URL |
  3. chococake55
  4. [ edit ]
みやさん:
お母様の事、思い返して書くのは心が痛いでしょうね。
私も、あの時ああすれば、あの時こうだったら。。。などと、いつまでも‘たら’‘れば’が付きまといます。
そして、振替って思うに、何処の病院も、どの医者も、若い人とお年寄りの扱い方は違うような気がしてならないのです。。。

おはようございます。

  1. 2014/10/23(木) 07:58:12 |
  2. URL |
  3. 伽羅
  4. [ edit ]
みやさん、おはようございます。
一昨日コメントを書いて送信したら消えてしまいましたので、
初めてのコメントさせていただきます。

お母様のご病状等を書かれた記事をまだ全部ではありませんが
沢山読ませていただきました。

読んでいて主治医の対応に疑問と憤りを感じました。
診に来てくれなかった・・・こうしたことがあることに悲しささえ覚えます。

当時のみやさんの不安を思うと胸が締めつけられそうです。
文字にされていく中で思い出したりしてしんどいことも多いですよね。
今思えばという事実と気持ちを書かれることによって
鮮明になることもありますよね。

過去の記事も含め私もしっかり読ませていただきます。

どうぞこれから宜しくお願い致します。

Re: タイトルなし

  1. 2014/10/24(金) 17:09:18 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
chococake55さん

ありがとうございます。
確かに、ちょっとつらいです。
ただ、引っかかることがたくさんあったので、書いてみようと思いました。

病院、確かにお年寄りや意思疎通が難しくなってる患者さんに冷たいです。

Re: おはようございます。

  1. 2014/10/24(金) 17:17:06 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
伽羅さん

コメントありがとうございました。
あの時は、なんだかわからなくてこんなものかな、仕方ないかなと思ってました。
時間が経つにつれて、?なところが出てきて、かいてみることにしました。

過去の記事は、母が寝たきりで胃ろうになってしまったことが受け入れられず、精神的に辛くて辛くてどうしようもらないころ書いていたので、支離滅裂かもしれません。実は、私は読めないでいます。
これからも、よろしくお願いします。

こんばんは。

  1. 2014/10/24(金) 18:49:07 |
  2. URL |
  3. 伽羅
  4. [ edit ]
レスありがとうございます。

家族の病に関しては本当に分からないことだらけで、
後になって「えっ!?」と思うことありますよね。
私も前の病院がそうでした。

胃ろうは私も造設の話が出た時に考えました。
娘として悩んでしかるべきことなんですよね。

どうぞ当時を振り返りつつ、今の気持ちをブログに綴り、
聞かせて下さいね。

PS 私もリンクさせていただきます。
どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  1. 2014/10/26(日) 09:41:49 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
伽羅さん

ありがとうございます(^^)
胃ろうは、悩みました。
胃ろうになった後も、悩みました。
でも、今はやってよかったと思ってます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。