• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


在宅の看取り、うちの場合③

北側の個室に入院した母。
血液検査で、炎症反応が前回の通院のときより上がっていたので、点滴をする。
年末の病院は、入院患者が多くてバタバタしていた。
3日間点滴して数値が良くなったら、年末年始になるので、一時帰宅してよいとのこと
。年が明けたら、戻って来て、大丈夫だったら退院することになった。

年末で、看護婦さんがいないのか看護婦さんが来ない。
入院して、ベッドに寝かせてもらったのが昼ごろで、夕飯の時間になっても来なかったきがした。
前の入院の時は、三時間ごとにオムツ交換と体位交換をしたり、ちょこちょこ様子を見てくれた。
なんなんだろー。オムツ交換と体位交換は、自分でやった。

血液検査の数値が良くなったから、年末帰れるねと、先生に言われたのが26日。
27日に一時帰宅することにした。
でも、反応がなんだか悪いのが気になった。血液検査は、よかったから大丈夫、良くなると自分に言い聞かせた。

朝行くと、母の様子が明らかに変。
呼んでも反応が無い。ナースは、さっきまで元気だったと言ってたけど、本当なの?って感じ。
昨日の夜から悪かったのかも、放って置かれたのかもしれない。
もう、ここに母は、置いておけない。
とにかく、妹と早く家に帰ろうと言ったんだよなー。
介護タクシーに車椅子でなく、ストレッチャーに変更してもらった。
介護タクシーの運転手さんも、ただ事じゃないと思ったと思う。

その時、ナースはドクターに連絡したのか覚えていない。
母の意識は無かったと思う。一時帰宅なんだけど、家で亡くなる可能性もあるのに、そのことは何も言われなかった。年末だから、早く帰って欲しかったとしか思えなかった。

家に着いてから、まだ良くなると思っていた。
だけど、年明けからかな、下顎呼吸になってしまう。
訪問医に電話すると、一時帰宅中は、入院扱いだから僕は行けない。おまけに休暇で旅行中と言われた。3年看た患者に、そんなことしか言えないなんて、かわいそうな人だと今は思う。
自分は行けないけど、こうすれば良いのだろうと言って欲しかった。

どこに相談すれば良いのだろう?
とりあえず、総合病院に電話をした。主治医の先生に聞いてくれて、亡くなった場合、病院に連れて行けば、看取ってくれるとのことだった。
それから、妹と交代で母の布団に入って、母を抱えていた。
下顎呼吸になると、そう長くないらしい。
でも、母は頑張ってくれた。
もしかして、逢いたい人がいるのかもと、親戚や母の友だちに連絡した。
みんな来てくれた。私や妹の友だちも何度も来てくれたなー。
下顎呼吸でハーハーしている母の周りで、色んな人が話をしていってくれた。


つづく


スポンサーサイト
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

  1. 2014/10/29(水) 16:52:49 |
  2. URL |
  3. pico
  4. [ edit ]
初めまして
今、認知症の両親と暮らしています
深いなぁと感じつつ、少しづつ読ませていただいています。

また、お邪魔させていただきますね

  1. 2014/10/29(水) 17:34:25 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
picoさん

はじめまして。
コメントありがとうございます(^^)

認知症もうちの母のようにどんどん動けなくなる人、父みたいに
何か変だけどひとりで生活できる人。
いろーんな認知症がありますね。ご両親もたぶん、それぞれ違うんでしょうね。
寒くなってきました、おカラダ気をつけて下さい。

また、来てくださいね。

  1. 2014/10/29(水) 23:28:50 |
  2. URL |
  3. chococake55
  4. [ edit ]
みやさん:

‘こんな病院に母を置けない’
私の母の場合も同じです。思い出します。

自宅に帰って来た時も、酸素吸入器や点滴のトラブルで、ひたすら、看護師やドクターが来るのを待っていたことも思い出します。

確かに、いろいろなトラブルがあっても、母が頑張っていたことも、みやさんのお母様と同じですね。

今は、みやさんのお母様も、私の母も天国で安らかにしていることでしょう。

  1. 2014/10/30(木) 12:14:34 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
chococake55さん

こんにちは。
同じような気持ちで、お母様の看取りに臨まれていたのですね。
辛いことを思い出させてしまい、ごめんなさい。
私は、今、書いておくことで、色んな思いを整理させてもらっています。もう少し、お付き合い下さい。

そーですね。今ごろは安らかなに過ごしているんだと思います。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。