• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


在宅の看取り、うちの場合④

年末から下顎呼吸になった母、でも本当にがんばってくれて新年を迎えた。
病院には、入院中の形になっていたので、4日が戻る日。
今後について病院に相談の電話を入れる。
失礼だと思ったけど、若い担当のナースでは話が進まないので、看護部長さんに変わってもらう。
もう病院にはもどらないので、退院の扱いになる。
在宅になるので、看護部長さんから訪問ナース、そして訪問医に連絡をとってくれた。
話が早い。年末も看護部長さんに相談すれば良かったんだろうか?
これで、何があっても、大丈夫な体制になった。

訪問ナースがすぐに様子をみにきてくれた。
『たくさんお母さんとお話し出来た?』と言われて泣けてきた。
母は、ハーハー呼吸をしながら、がんばっていてくれた。
意識がなくて呼吸だけをしている母をみていると、人は生かされているんだなーと思った。

そして、7日の朝、母は亡くなった。
妹と交代で母のベッドの横に寝ていた。ひとりでは逝かせたくなかった。
抱えている母のカラダが少しずつ冷たくなっていった。
私が母の横で一瞬寝てしまったとき、母は亡くなった。
結局、看取ることはできなかった。
みんなが寝てしまった一瞬で、すーっと眠るように逝ってしまった母は、母らしいといえば母らしいのかもしれない。
今も母がどこかにいるような気がする。
息を引き取った光景は夢の中のことのように思える。

つづく

スポンサーサイト
  1. 母のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:5
  4. [ edit ]

  1. 2014/11/07(金) 21:01:35 |
  2. URL |
  3. chococake55
  4. [ edit ]
読んでいて、涙が出てきます。
私の母が亡くなった時と思いが重なります。
そう、今も‘カタン’を音がすると、母が帰って来てくれたのかと思うことがあります。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/11/07(金) 23:54:32 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

  1. 2014/11/08(土) 11:29:42 |
  2. URL |
  3. 伽羅(きゃら)
  4. [ edit ]
お母様は本当にすごく頑張っていらしたのですね。
母としての強さを感じます。

最期の瞬間はきっとお母様は、みやさんが眠っていた
その瞬間を選ばれたのではないかと感じます。

亡き父の最期を思い出しました。
父はICUでしたが、最期の日までの八日間意識はなく、私と母と姉とで
家族室に交代で泊まり込んでいました。

丁度母が泊まっていた夜、母がICUから家族室に戻り、
寝てから30分後に父の心臓は突然止まりました。
家族室からICUに母は急いで行きましたが、
看取ることはできませんでした。

あの頃、よく母や姉と父の最期の瞬間を話していました。
母が泊まっている日に、最期の夫婦の時間を持ち、
そして父は最期を見せない選択をしたんだな、、、と。

長くなってしまいごめんなさいね。

読ませていただいて涙が出てしまいました。
きっとお母様は隣で寝ていらしたみやさんを
しっかりと感じて安心して旅立たれたましたよね。

Re: タイトルなし

  1. 2014/11/08(土) 15:54:18 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
chococake55さん

一緒に泣いてもらえて嬉しいかったです。
ありがとうございます。
たぶんたぶん、見に来てくれているような気がします。

Re: こんにちは。

  1. 2014/11/08(土) 16:09:55 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
伽羅さん

一緒に泣いて下さって、ありがとうございます。
伽羅さんのおとうさまも、母と同じような最期だったんですね。
そーっと逝ってしまわれたんですね。

私はもともとのんびりしていて、朝も苦手、よく寝る子だったそうです。
母は、この場に及んでも寝てしまう娘に、ちょっとあきれていたかもしれません。
でも、隣に寝れていて良かったです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。