• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


朝起きると

今朝起きると、台所で母の足音。
朝食の準備をしている母の足音がした。
お母さん元気だったんだ。良かった。うれしい。と思ったら、目が覚めた。
本当にうれしかった。ほっとした。

隣を見たら、母がいつもどおり寝ていた。

半年で母が急激にこんな状況になって、私はガタガタに崩れた。
自分がこんなにも、母中心で動いていたなんて。

ピラティスも自分の体がどんどん調子よくなっていったので、母や近所のおばさんたちを集めて、実家でレッスンをするのが目標だった。母に元気でいて欲しかったから。
予定では、今年の4月からはじめるつもりでいた。
母がよぼよぼになっても、一緒にレッスンしたかった。

母と一緒に行きたいところがたくさんあった。
でも、出来ずじまい。
実行力なかったなあ私。


私の人生は、母に喜んでもらうことがかなりのウエイトを占めていることに気づいた。
そういえば、いつも母のことをなんとなく考えていたような気がする。
一緒にこうしたいなあとか。

昨年の12月末の母が調子の悪いとき、ピラティスの新しい資格の合格通知が届いた。
母に報告したら、「よかったね。私がこんな状態じゃなかったら協力してあげるのに…。」と言ってくれた。
「絶対によくなるから、協力してね。」と能天気に返事をしていた。レビーだなんて思ってなかったから、絶対良くなるって思っていたから。
いつもやりたいことを応援してくれた。

だから、ガタガタな気持ちが上がってきたら、またピラティス頑張っていこうと思う。
スタジオは、名前は母の名前をもらう。



スポンサーサイト
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。