• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


考えれば考えるほど

人の思考って怖いなあと思う。
考えて自分を責めていくと、きりがないほど広がっていく。
昨日は、自分が二人姉妹の長女なのに長男と結婚したこと。
近くに住めば住めたのにそれをしなかったこと。
車で1時間くらい離れたところに住んでいた。
全部、気になっていたけど放っておいたこと。

ただ、そのときの自分は、自分の中ではベストと思って選択していた。
ふじちゃん達も良いよって言ってくれていたので、そこにどっぷり甘えさせてもらっていた。
時々、「もっと近くに住んでいたら、採れたての野菜たくさんあげれるね」と言っていたので少し気になっていたけど。

たぶん、ふじちゃんやハチとの関係で自分はその距離がちょうど良い関係を保てる距離だったのかもしれない。
近くに住んでいたから良かったとは限らない。

考えるサイクルに入ると本当にどつぼにはまっていくことを今回学んでいる。
少しずつ必要以上に考えないようになってきた。進歩かな。

もう少し。そのときの選択は、自分にとって、自分が生きるためにはベストだったんだと思う。
ふじちゃんも、ふじちゃんにとってベストな生き方をしてきたんだと思う。
今は、娘に人生最大の学びの時間をくれているのだと思う。



妹は、辛いけど母としっかり向き合っている。いつも母のそばで声をかけて今の母に向き合っている。
妹ながら、すごいと思う。本人は仕事していて、いつも一緒にいないからだよって言うけど。
強い。妹も早く一緒に住めばよかったとか、後悔の言葉をポツリという。
でも、前を向いている。人はそれぞれ違うこともよくわかった。
スポンサーサイト
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

No title

  1. 2011/07/02(土) 14:45:08 |
  2. URL |
  3. みずき
  4. [ edit ]
私もみやさんと同じ。二人姉妹の長女なのに、車で1時間半ほどの距離の場所に住み、妹が中心になって母を看ています。

妹は自分の離婚等のことで母にストレスがかかったという思いもあり、母にはいろいろな思いを子どもの頃から持ちつつも頑張って母に向き合ってくれていて、頭が下がります。

>娘に人生最大の学びの時間をくれているのだと思う。

本当にそうですね。そのように考えられるみやさんが素晴らしいと思います。

介護って建前だけではやっていけない。そこで人間の様々な面が見えてきますね。私も自分の向き合いたくなかった感情に気付いたり、落ち込んだりすることが多いですが、学びの時と思い、頑張っていきたいと思います。
そんなふうに思わせていただいて、ありがとうございます。

Re: No title

  1. 2011/07/03(日) 15:55:55 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
みずきさん

コメントありがとうございます。
私は本当に馬鹿娘で、母親に反発ばかりしてうまく甘えることができなかったです。
もっと甘えておけば、もっと頼っていればと今となって思います。
母がこうなってから、一番大切な人に気づきました。
情けないけど、事実です。
辛いけど、本当に学ばされています。頑張りましょう。

No title

  1. 2011/07/03(日) 21:43:22 |
  2. URL |
  3. kaigoliving
  4. [ edit ]
〜娘に人生最大の学びの時間をくれている〜共感です。何が正解で、何が間違っていたのか。それは後々にになってもわからないですね。

No title

  1. 2011/07/04(月) 10:36:05 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
kaigolivingさん

コメントありがとうございます。
日々学ばされています。
そうですね。何か正解で何が間違っていたのかもわからないですね。
ただ、母がこうなってから、気になることや思ったことは口に出し、行動していくようにしています。自分の人生の後悔をしないように。

母の人生は良い人生だったのかって考えるけど、それもわからないですね。
良いこともあり、辛いこともあるのが人生ですね。
ただ、正義感が強く自分にすごく正直に生きてきた人です。
敵も作ったと思いますが、私はその不器用な生き方がすごく好きです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。