• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


怒らないこと

鍼灸の先生に、「怒らないこと」という本を読むように渡された。


ふじちゃんが、レビーとわかってしかも進行が早くて元にもどらないとわかった時から、心臓がバクバクしたり、頭に血が上ったり、自分でもかなりやばいなあという状態だった。たぶん、いつ倒れてもおかしくなかったんだと思う。
病院行こうと思ったけど、1年位お世話になっている鍼灸の先生のところに行った。
脈を診てもらったら、やっぱりいつ倒れてもおかしくない状態だったみたい。
それが4月だったから、4ヶ月位過ぎた。(2週に一度通っている)
むくみもとれて、心臓のバクバクも無くなったけど、血が上る感じがまだ残る。

私の場合、怒ったり、イライラしたり、くよくよすると頭に気が上ってしまうらしい。その気が上る道に胃があって、胃が弱いのでここのところ胃も痛い。


先生が本を渡してくれたのは、先生の治療だけじゃなくて、自分で気持ちをコントロールして、自分で治れるようにしてきなさい。ということなんだと思う。
いい加減にしなさいということなのかもしれない。


ここのところ、先生にすがっていた感じだった。
病は気からっていうけど、本当だと思う。
自分のクヨクヨした思考が体を痛めているのが良くわかる。過去を考えても今の母は変わらない。
これで自分の調子を崩したら、母に申し訳ない。
今から本を読む予定。


母も悪くなり始めに鍼灸に一緒に行った。
何回か一緒に行ったが、メネシットでソワソワするようになって、じっとしていることが出来なくなり治療が出来なくなってしまった。
あの時、お医者さんの言う通りにせず、メネシットやめさせていれば今頃一緒に鍼灸に行ってたのかもしれない。
なんてまた後悔している。
母と車に乗って、鍼灸に通ったのはとっても良い思い出。
車で1時間半の道のり、ソワソワしながら気持ちを落ち着けようと、青い山脈を口ずさんでいた母。青い空ときれいな山を見て「きれいだね」と喜んでいた。




スポンサーサイト
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。