• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


肩甲骨が熱い

ふじちゃんショート3日目。
寂しいけど、自分の体を休めてます。

ここのところ、肩甲骨の下の方が熱くなってしまう。鍼灸に行ってメンテナンス。くよくよしたり、おこったり、不安に思うと体に熱がたまり、それが肝の経絡を通って、胃や頭に上がってくるらしい。今回は、それが肩甲骨のところに上がっている。軽い運動で熱を発散した方がよさそう。
頭に上がっているとうつになったりするらしい。わたしも少し、うつの傾向。くよくよが病的。

これは、私の体がそういうふうになっていて、以前一緒に行った妹は、そうゆうのがないらしい。だから、母のことでくよくよした様子があまりない。
人の体や感情の処理の仕方って人によってぜんぜん違うんだとよくわかった。
そして、病は気からってこともよくわかった。


ふじちゃんショート中は、夫と久しぶりに二人で過ごしている。
夫の両親は、74歳でふたりとも元気。ふじちゃんのことを考えていると、一番若いふじちゃんが…何で?????
って思う。夫には迷惑かけたり、手伝ってもらって申し訳ないけど、親の話とか聞くとうらやましく思う。
夫は、ふじちゃんと気があって、よく二人で楽しそうに話をしていた。
でも、ふじちゃんが病気になって、ハチもわがままで、今までの実家の日常ががたがた崩れちゃった。
そんな状況を「あんたの家大変だね」とか言われると、かなりショック。たぶん彼も疲れてきてるのか、何度もくどい。ハチはわがままだけど、あんたにそこまで言われる必要もないでしょとも。
「あんたに私の気持ちはわからないよ」なんて思った。(口には出さないけどね)

でも、協力したり、支えてくれているから感謝はしてるんだけどね。
やっぱり、私の気持ちの浮き沈みが激しい。
人の話を軽く聞き流せるようになればいいんだけど。ダイレクトに受けちゃうのが私の弱点。
スポンサーサイト
  1. 私のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

No title

  1. 2011/08/31(水) 19:20:53 |
  2. URL |
  3. みずき
  4. [ edit ]
わかります、わかります。
うちの夫もとても協力的だし、私が実家に行って遅くても文句も言わないんですが、「みずきの一家は手のかかる人が多いね」と言われた時、カチン!ときました。

発達障害の息子もうちの方からの遺伝だと思うから、なんとなく複雑な思いがあって、ちょっと私が疲れて泣き言言った時の励ましのつもりの言葉なんだと思うんですけどね。

やっぱり血のつながった家族のことを夫から言われると何ともむかっときてしまうものですよね。

No title

  1. 2011/08/31(水) 21:19:53 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
わかってもらえてうれしいです。
自分の家族がこういう状況になっているのって、やっぱりなってみないとわからないんだと思います。
ただ、協力してくれるのは、お互いありがたいことですね。

おせっかいかもしれませんが…。
発達障害の方は世の中にたくさんいると思います。
みんなそんな部分をもっていますし…。教師やドクターにも多いですよね。

しょうがい者の福祉の仕事をしていたのですが、事務所のスタッフ10人中5人の方が発達障害でした。
ただ、診断されていないだけ…。IQは高いけどかなり重い感じのかたが多かったです。
その後、働いた会社の上司も二人そうでした。

実は、うちの父も、認知症じゃなく発達障害?と思われるところが多々あります。最近一緒にいるとますますそんな感じがします。余計、母大変たっだんだろうと思います。5年くらい前から少し?と思ってたのですが、認めたくないところもあって…。
頑固なだけと思うようにしてました。

母もそのことわかっていたら、もう少し楽だったかなと思います。今となってはですが…。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。