• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


レビーは多いのだろうか?

 ふじちゃんが胃ろうを作るときに入院した病院のナースのお父さんが、68歳でレビーと言っていた。診断されて3年たつらしい。そのナースの友達のお母さんも60代でレビーと言っていた。
 
 今日家に来た訪問ナースのお父さんも、心療内科で認知症と言われたとのこと。歩き方の様子からレビーらしい。
先生は、レビーってわかってないみたいで、認知症とパーキンソン病と診断したみたい。
このお父さんも60代。コウノメソッドをネットで調べてといっておいた。

そういえば、この前来た友達のおかあさんも、怪しい感じ。

60代後半のレビーって増えてるんだろうか?

勝手な妄想だけど、レビーの症状って自律神経系の交感神経が優位になり続けてしまう印象。過度のストレスや無理に頑張りすぎて、交感神経ばかりにスイッチ入り続けて発症していくとしたら、現代病って考えてもおかしくない気がする。そして、60代後半から70代初めって、頑張ることが美徳みたいな世代なんじゃないのかな。幼少期貧しくて、気づいたら高度経済成長の波に乗せられちゃってというか…。


NHKでやっているおひさまを見ていると、もっと上の世代はゆったりした時間の中で、それぞれのペースで暮らしていたように感じる。


母の場合も、楽しそうにしてたけど、趣味にしても仕事にしても本当に一生懸命やってしまうタイプ。ほどほどという言葉を知らないようなきがした。
何でも一生懸命やりなさいってよく言ってた。

勝手な妄想だけど、そうだとしたら、もっと増えてもおかしくない気がする。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

No title

  1. 2011/09/12(月) 17:18:53 |
  2. URL |
  3. みずき
  4. [ edit ]
私の周囲にも「パーキンソン」と言われて投薬治療を受けているけれど、思いっきりレビーと思われる人(夜中に叫ぶ、クーラーから火が出ていると騒ぐなど)を介護している人が何人もいます。

「認知症を学ぶ会」や「ドクターコウノのブログ」やkuririnさんのブログなどを教えてあげると「読んでみたら、絶対うちのお義母(父)さん、レビーだと思うわ」という人も多いです。

なんか真面目に頑張りすぎた人が多いような気もして、なんとも言えない気持ちになりますが、私たち娘がその方たちの人生をしっかり認めて、尊敬して接していけば、何か伝わり、喜んでもらえるかなと思ったりもします。

私たち介護する側も、思いつめすぎたり、頑張りすぎずに、時々気晴らししながら元気にやっていきたいですね。

私も母と性格が似ているので、そんなことも教えてもらっているような気がします。

No title

  1. 2011/09/13(火) 21:03:35 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
みずきさん
母を見ていても、何でこんなにがんばるのかな~って思いました。

私も、がんばることは良いことだけど、無理しちゃだめだよって母から教えてもらってる気がします。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。