• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

レビー小体型認知症で、あっという間に寝たきりになった母を三年の介護。2014年に母は、旅立ちました。83歳の父もそろそろ微妙な感じです。

母さんの笑顔



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


へんくつジジイその2

嫌なことって続き時は続く。たぶん、自分の心がわさわさしているから、余計嫌なことが強烈になっていくんだおと思う。

父方のいとこが亡くなった。8月はじめに病気を診断されてあっという間だった。
いとこと言っても、父は兄弟が多いので、60歳位。
父の実家は、家から車で2時間半くらいのところ。

知らせを聞いてどうするとハチに聞くと、思ったとおり、車で行こうとしていた。
しかも、通夜に行って一度帰ってきて、翌日また行くとうい無謀な計画。
自分の年齢、体力、運転の技術、想像が出来ないんだと思う。

「どう考えても体が大変だよ。新幹線と電車で行って泊まって来て欲しい」と伝える。
すると、「あれもこれもだめじゃあ何にも出来ない。」とまたお怒り。
しかも、結論ばかりを突きつけると…。
結論ばかりって、車で行くか新幹線で行くかだと思うんだけどね…。

とりあえず、父の妹に電話。遠いから来なくて良いよ言ってくれる。
結局、新幹線で葬儀だけ行くことになる。

ふじちゃんが元気なころ、ハチの自分勝手な行動によく困っていた。
そして、ハチはふじちゃんの前に掃除機たたきつけたこともあった。
ふじちゃんは、怖かったよ。嫌になっちゃうって言っていた。
ただ、ハチは私たち姉妹には優しかったので、こんなにひどいのわからなかった。
今、私に対して、たぶんふじちゃんにとっていたのと同じ態度を取っているんだと思う。
昨日は、こっちも頭にきてイライラした。
でもイライラしたら、損だ。心を落ち着かせて呆けた爺さんとして扱っていこうと思う。
私の修行。


ふじちゃんに「こんな人と二人にしておいて本当にごめんね。」と伝えた。
なんにもできなくなっちゃったふじちゃんがますます大好きになる。

そういえば、ふじちゃんに「いとこの○○ちゃん亡くなったんだって」と伝えると
「あれまあ」と言っていた。「お香典どうしよう?」と聞くと「一万円、四十円」と答えていた。
またまた妹と大笑い。

スポンサーサイト
  1. 家族のこと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

No title

  1. 2011/09/27(火) 01:08:51 |
  2. URL |
  3. 椛かんな
  4. [ edit ]
みやさんこんにちは。

やれやれ、みやさんも自己中お父様と闘っておられますね。
多少の事なら目をつむっても、車の運転はほっとけないですよね。

その他の事も、もうほっとくか、話し合ってなんとか分かってもらうか、こればかりは、と思ったらお父様がなんと言おうと進めてしまうか・・・、最後の方法は、パワーもいるし、溝を深めてしまうことになるかもしれないけど、みやさんがお母様のため、家族のため、と思えば、ありだと思います。それが結局は、お父様のためにもなるんじゃないかと思います。

でも本当に、そういうことで余分なエネルギーは使いたくないし、イライラしちゃって自分の健康にもよくないですよね。
そうそう、相手は呆けてるかお子ちゃまだと思っていきましょう!

No title

  1. 2011/09/27(火) 11:11:37 |
  2. URL |
  3. みや
  4. [ edit ]
かんなさん。ありがとう。

言えば怒るので、本当にお子ちゃまです。

こんなことばかり起こると、母がますますかわいそうになってきます。
そして、放っておいた自分を責めはじめちゃいます。そして疲れます。
今朝は顔も見たくないので、母の部屋の戸を閉めて過ごしてます。
結構快適かも。

じーさんが家の建て替えに反対なら、一人でおいて、他に住んだほうが体にいいかなと思い始めています。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

みや

Author:みや
レビー小体型認知症で2ヶ月で寝たきりになった母を自宅で介護。3年の闘病の末、母は73歳で旅立ちました。
現在、83歳の父が微妙なかんじです。

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。